2007年11月30日 18時09分 UPDATE
ニュース

NEWSNEC、中小規模企業向けのオフィスラックサーバ上位モデルを発売

省スペース、省電力を実現し、新たにホットプラグ機能付SAS HDDに対応した「Express5800/110Rc-1h」を発売

[TechTarget]

 NECは11月30日、オフィスのデスクサイド設置に適した「Express5800/OfficeRackServer」シリーズに、新製品「Express5800/110Rc-1h」を追加、同日より販売を開始した。

 本シリーズは、サーバルームを持たない中堅・中小企業向けのオフィスラックサーバ。収納するラックは省スペース・静音設計に加え、ラック前面に鍵付きのフロントシャッターを採用し、情報漏えい対策も考慮している。また、すべてのインタフェース(LAN、電源コネクタなど)を前面に配置し、完全前面メンテナンスを実現しており、通常のラックサーバで必要とされている保守エリアに比べ約3分の2のスペース削減が可能だという。

 新製品では、低消費電力型デュアルコアCPU「インテル Core Duoプロセッサー」採用を継承しながら、2.5インチSAS HDDを搭載し、データ処理性能を約2.1倍に向上したという。また、前述のHDDはホットプラグに対応しており、業務システムを止めずにドライブの交換が可能。

 価格はディスクレスモデルが16万8000円から、「Windows Server 2003 R2」プリインストールモデルが24万8000円から。

関連ホワイトペーパー

運用管理 | サーバ | Intel(インテル)


ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

ツイートから見る訪日外国人の高評価観光スポット――東京海上日動火災保険とNTTデータ調査
ソーシャルビッグデータを活用した全国インバウンド観光調査の結果です。

news008.jpg

AmazonがAppleとGoogleを抑えトップブランドに――BrandZ 2019
世界最大級の広告代理店WPPとその調査・コンサルティング業務を担うKantarによる「世界で...

news035.jpg

人工知能「Adobe Sensei」は日本のデジタル広告市場をどう変えるのか
「Adobe Advertising Cloud」の事業責任者に広告業界で経験豊富なエキスパートが就任。日...