2007年11月30日 18時09分 公開
ニュース

NEC、中小規模企業向けのオフィスラックサーバ上位モデルを発売NEWS

省スペース、省電力を実現し、新たにホットプラグ機能付SAS HDDに対応した「Express5800/110Rc-1h」を発売

[TechTarget]

 NECは11月30日、オフィスのデスクサイド設置に適した「Express5800/OfficeRackServer」シリーズに、新製品「Express5800/110Rc-1h」を追加、同日より販売を開始した。

 本シリーズは、サーバルームを持たない中堅・中小企業向けのオフィスラックサーバ。収納するラックは省スペース・静音設計に加え、ラック前面に鍵付きのフロントシャッターを採用し、情報漏えい対策も考慮している。また、すべてのインタフェース(LAN、電源コネクタなど)を前面に配置し、完全前面メンテナンスを実現しており、通常のラックサーバで必要とされている保守エリアに比べ約3分の2のスペース削減が可能だという。

 新製品では、低消費電力型デュアルコアCPU「インテル Core Duoプロセッサー」採用を継承しながら、2.5インチSAS HDDを搭載し、データ処理性能を約2.1倍に向上したという。また、前述のHDDはホットプラグに対応しており、業務システムを止めずにドライブの交換が可能。

 価格はディスクレスモデルが16万8000円から、「Windows Server 2003 R2」プリインストールモデルが24万8000円から。

関連ホワイトペーパー

運用管理 | サーバ | Intel(インテル)


ITmedia マーケティング新着記事

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...

news110.jpg

メルカリ調査 フリマアプリで売れる価格は新品の購買意思決定にどれほど影響する?
フリマプリ出品経験者は、フリマアプリでの再販価格が10%上昇すると、新品に支払える上...

news024.jpg

Google検索における2020年上半期の動向 新型コロナの影響でSEOはどう変わる?
新型コロナウイルスの影響が大きかった2020年の上半期ですが、Google検索の動向において...