ディバータ、SaaS型CMSにWebサイトの簡易作成機能を追加NEWS

目的別にデザインやページ構成をある程度整えたWebサイトを用意。既成のページ構成、デザインをコピーするだけで企業サイトが容易に作成できる。

2008年03月12日 19時24分 公開
[TechTarget]

 ディバータは3月12日、SaaS型CMS(Content Management System)「リレーショナル・コンテンツ・マネージメント・システム」(以下、RCMS)に、企業サイトを容易に構築できるパッケージ機能を追加した。RCMSの無償版・有料版ともに利用できる。

 RCMSはWebサイト構築におけるデザインとコンテンツの管理を完全に分離させたCMS。作成したページごとのアクセス権限設定やコンテンツごとの更新権限設定ができ、イントラネットや会員制Webサイトの運用も可能だ。また、SaaS型で提供するため、モジュールの追加や機能の修正・追加なども随時行われる。

 今回追加されたパッケージ機能は、既に作成されているWebサイトのページ構成やデザインをコピーする機能。目的別にある程度デザインやページ構成を整えたWebサイトが用意されており、そこからコピーしたいものを選択することで、同じページ構成/デザインのWebサイトを新しいURLで作成できる。現在は企業サイト、地域ブログ、数種類のスポーツサイト向けのパッケージが用意されている。

 なお、3月末にはOEM機能のリリースも予定されている。

関連ホワイトペーパー

CMS | SaaS | イントラネット


ITmedia マーケティング新着記事

news094.png

夏休み予算は平均5万8561円 前年比微減の理由は?――インテージ調査
春闘での賃上げや定額減税実施にもかかわらず、2024年の夏休みは円安や物価高の影響で消...

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...