2008年03月27日 18時52分 UPDATE
ニュース

NEWSNECと日立、OSSミドルウェアとLinuxのシステム導入拡大に向けて協業

企業システムへのOSSミドルウェアとLinux適用拡大に向けた協業を進め、OSSによる高信頼でコストパフォーマンスに優れたシステム構築を支援していく。

[TechTargetジャパン]

 NECと日立製作所(以下、日立)は3月27日、オープンソースソフトウェア(OSS)に関する協業を発表した。今回の協業に基づき、両社はアプリケーション開発/運用管理を支援するOSSミドルウェア関連ツール、およびLinuxカーネルの障害解析機能の共同開発を進めていく。

 OSSミドルウェア関連ツールの開発では、OSSミドルウェアを利用したシステム構築/運用の円滑化を支援するツールの共同検証や開発・相互導入を推進し、企業システムへのOSS導入促進を図る。当初は、NECのOSSデータベースメンテナンスツール「InfoFrame DB Maintenance」の日立への導入、日立の統合システム運用管理製品「JP1」とNECのOSSデータベース監視ツール「InfoFrame DB Monitor」の連携ソリューションの開発などを行い、範囲を順次拡大していく。

 Linuxカーネルについては、Linuxシステム障害発生時の処理経過をトレース情報として採取し、障害解析を可能とするカーネルトレース機能の開発を共同で推進する。具体的には、必要なときにのみトレース情報を採取する機能(動的なトレースのオン/オフ)や、採取するトレース情報を定義する機能(トレーススクリプトのローディング)、トレース情報の採取にかかるオーバーヘッドを低減し、システム性能に与える影響を最小限にする機能などの基盤機能(SystemTap)を強化する。また、実際の障害解析に効果的なトレース情報の取得個所の検討など、その利用技術についても確立していく。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

SaaS企業として驚異の継続率97% ServiceNowが考える、CX向上にDXが不可欠である理由
「ガートナー カスタマー・エクスペリエンス&テクノロジ サミット 2019」におけるServic...

news134.jpg

「Tableau 2019.2」発表、コミュニティーからリクエストが多かった新機能を多数追加
位置情報に基づく意思決定を支援するベクターベースのマッピング機能も。