2008年07月03日 17時59分 UPDATE
ニュース

NEWSソーテック、120タイトル以上のソフトウェアダウンロード販売サービスを開始

インターレックスと共同で「SOTEC SOFT DIRECT」を開設。5種類のカテゴリで合計120タイトル以上のソフトウェアを取り扱う。すべてのソフトで製品版と同一の機能を提供する体験版を用意している。

[TechTargetジャパン]

 ソーテックは7月3日、インターレックスと共同で「SOTEC SOFT DIRECT」を開設し、ソフトウェアのダウンロード販売サービスを開始した。

 SOTEC SOFT DIRECTは、インターレックスが提供するネットワーク認証型DRM(Digital Rights Management)「Buddyサービス」を利用した、Windows用PCソフトのダウンロード販売サイト。ダウンロード購入が初めてのユーザーでも安心して購入できるよう、製品版とまったく同じ機能を一定期間利用できる体験版を用意している。また、購入したソフトウェアのダウンロードには、回数・期間の制限はなく、PCの買い換え時やファイルの紛失・破損時には、何度でもダウンロードして再インストールが可能だ。

 現状、SOTEC SOFT DIRECTで取り扱うソフトウェアのカテゴリは、「ゲーム」「ビジネス・セキュリティ」「趣味・実用」「教育・学習」「携帯・PDA用」の計5種類で、商品数は計120タイトル以上。「ビジネス・セキュリティ」カテゴリでは、インターネットテレフォンのオフィススイート「EIOffice2007特別版」やインターチャネル・ホロンのウイルス対策ソフト「V3 ウィルスブロック インターネットセキュリティ2007」など計5タイトルを提供している。

関連ホワイトペーパー

オフィススイート | ウイルス


ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...