日本IBM、BI導入を技術支援するソリューションセンターを渋谷に開設NEWS

BIシステム構築の技術支援を目的に、最適なソフトウェア/ハードウェア構成の提案などを行う施設をオープンした。

2008年07月07日 19時34分 公開
[TechTargetジャパン]

 日本アイ・ビー・エムは7月7日、同社新渋谷事業所内に「IBM BIソリューションセンター」を開設した。

 同センターは、ビジネスインテリジェンス(BI)ソリューションの導入を検討するユーザーや、IBM製品を活用してBIソリューションを販売・導入するパートナーを対象に、デモから技術支援まで一貫したサービスを提供する施設。BIソリューション環境を構築するための技術支援として、最適なソフトウェア構成の提案や推奨ハードウェア構成の規模測定を行う。また、独自に用意した分析シートに沿った質問項目を用意することで、従来1カ月程度を要したシステム構成の最適化提案が3営業日でできるようになったという。

 そのほか同センターでは、多様な業務や業界を想定したデモを通じて、BIソリューションの効果を理解できる。例えば「営業パフォーマンス・オペレーション改善支援」では、支店および営業担当者ごとの売り上げ、シェア、案件情報を可視化したり、業績が優れた社員の行動特性を共有することで、企業全体の営業力向上に役立つ。業界に特化したデモも幅広く展開する予定で、製造業界向け「ワランティコスト削減ソリューション」では、製品保証にかかわるクレームの発生状況を分析し、将来予測に基づいたコストの引き当てと各ディーラーからの請求額の妥当性を検証することで、クレーム処理に掛かるコストを削減できる。

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。