2008年08月06日 07時30分 公開
特集/連載

すべての人を満足させるプロジェクトマネジャーなどいないプロジェクトマネジャーのあるべき姿

これまではビジネス分野で貢献するプロジェクトマネジャーとして自分の仕事のことだけを考えていればよかったが、最近はそれだけでは駄目らしい。

[Bas de Baar,TechTarget]

 この2〜3日の間、わたしは「プロジェクトマネジメントもグリーンに」やら「エコフレンドリーなプロジェクトマネジャーたれ」やらと、散々攻め立てられた。そこでプロジェクト管理表の印刷には再生紙の裏面を使うことにした。わたしは素直な人間なのだ。だから、エコフレンドリーがどうのこうのと、もうあまりうるさく言わないでもらいたい。こんな風潮になったのもみなアル・ゴアのせいだ、と愚痴の1つもこぼしたい気分だ。われわれはビジネス分野の誰からも愛されるべきプロジェクトマネジャーとして、自分の仕事のことだけを考えていればよかったのに、それだけでは駄目だというのだ。

 いや、わたしも分かっている。あらゆる人々が、この厄介な惑星を救うために何かをしなければならないことを。家庭では電球を省エネタイプに交換できる。このような危機意識をプロジェクト手法に適用すれば、われわれプロジェクトマネジャーは何千個もの電球を1度に交換するくらいの権限を持つことができるのだ。われわれは基本的に、家にいるときよりもプロジェクトの世界の中にいるときの方が大きな権限を持っているので(わたしの知っている連中は大抵そうだ)、より大きな貢献ができる。それは家庭で行う貢献よりも社会的であり、より倫理的でもある。

関連ホワイトペーパー

環境保護 | プロジェクトマネジメント


ITmedia マーケティング新着記事

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。

news045.jpg

「ファッションテック」から「3密回避」まで データによる価値創造と課題解決の考え方
気象データを活用してファッションコーデを提案するサービスをデジタルエージェンシーの...

news153.jpg

脳波計測で判明 Twitterを使いながら番組を見る人は満足度が高い――Twitter Japan調査
脳波を活用した感性把握技術を活用して「テレビとTwitter」の関係について分析しています。