2008年09月04日 18時38分 公開
ニュース

NRI、Liferayを利用したフルオープンソースの企業内ポータル構築システムNEWS

企業内ポータル構築用OSS「Liferay」を始めとするフルオープンソースのEIPソリューション「OpenStandia/Portal」の提供を開始。導入・運用コストの削減と、ほかの社内システムとの容易な連携を実現している。

[TechTargetジャパン]

 野村総合研究所(NRI)は9月4日、フルオープンソースの企業内情報ポータル(EIP)ソリューション「OpenStandia/Portal」の提供を開始した。

 NRIでは従来のEIP構築システムの課題として、高額なライセンス費や保守費を負担しなければならない点や、ほかの社内システムのアーキテクチャや認証方式との連携ができていないためリアルタイムでの情報共有が進んでいない点を挙げている。

 OpenStandia/PortalはオープンソースのEIP構築用ソフトウェア「Liferay」をはじめ、すべてオープンソースソフトウェア(OSS)で構成されており、システムコストを削減できる点が大きな特徴だ。また、OpenStandia/PortalはJavaベースのアーキテクチャのため、同じくJavaベースで構築されていることが多い企業情報システムとの親和性が高い。さらにはシングルサインオンをはじめとする各種連携機能の提供により、比較的容易に他システムとの連携が行える。

画像 OpenStandia/Portalの構成。EIPを構築するための「Liferay」やWebアプリケーションサーバ「JBoss」といったOSSを中心に構成されている

 全社ポータルページ以外に、大企業の複雑な組織体系や部門横断型の組織体系にも対応できるグループ定義とアクセスコントロール機能を提供。部や課、委員会、プロジェクト、および個人などの単位でポータルページを設置可能だ。また、ページデザインや画面レイアウトはドラッグ&ドロップなど簡単な操作で変更でき0るほか、CMS(Contents Management System)や掲示板、カレンダー、ブログ、ファイル共有、ワークフローなど30種類以上の機能をあらかじめ用意している。

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

孫消費急減、女性のLINE利用増――ソニー生命「シニアの生活意識調査2020」
毎年恒例の「シニアの生活意識調査」。2020年のシニアの傾向はどうなっているでしょう。

news137.jpg

米大統領選を巡る「アプリ対決」のゆくえ 「Trump 2020」 vs. 「Vote Joe」と「TikTok」 vs. 「Triller」
米国では2020年月の大統領選挙を前に選挙戦がますます活発化しています。関連するアプリ...

news143.jpg

店舗の滞在時間が減少、「20分未満」が約1.5倍に――凸版印刷とONE COMPATHが5万人買い物調査
電子チラシ「Shufoo!」を利用する全国の男女5万人を対象に実施した買い物に関する意識調...