2009年04月23日 08時00分 公開
特集/連載

使っているのは社員の8%BIソフトウェアの利用状況──ユーザーとベンダーの間で認識にずれ

BIツールを導入した企業では、実際に利用している従業員はごく一部であり、ベンダーのサポートサービスに十分満足しているBIユーザー企業は4分の1にすぎないという調査結果が報告された。

[Jeff Kelly,TechTarget]

 ビジネスインテリジェンス(BI)ツール/ソフトウェアを導入した企業では、実際にそれらを利用している従業員はごく一部であり、ベンダーのサポートサービスに十分満足しているBIユーザー企業は4分の1にすぎない──。英調査会社のBusiness Application Research Center(BARC)がBIユーザー、コンサルタント、ベンダーを対象として実施した最近の調査で、このような現状が浮かび上がった。

 「しかしBIベンダー各社は、顧客企業の利用状況およびサポートに対する満足度について、かなり楽観的な認識を抱いている」──BARCの調査を統括し、報告書をまとめた独立アナリストのナイジェル・ペンズ氏はこう指摘する。

ITmedia マーケティング新着記事

news132.jpg

東京オリンピック・パラリンピック延期でサービス業の約40%が業績悪化を懸念――リスクモンスター調査
東京オリンピック・パラリンピックの延期によって自社の業績が変化すると考えているのは...

news034.jpg

Cookie利用規制が今必要な理由を整理する
個人情報保護の観点から、広告・マーケティングにおけるCookieの利用をはじめとしたデー...

news150.jpg

地銀カードローンのWebサイトに6つの勝ちパターン、64行ランキングトップは百五銀行――WACUL調査
WACULテクノロジー&マーケティングラボは3万サイトのデータをベースに作った評価基準を...