パナソニック電工IS、EAIツール「ASTERIA」用にGoogle Apps連携アダプターを開発NEWS

パナソニック電工インフォメーションシステムズが、インフォテリアのEAIツール「ASTERIA」を使ってGoogle Appsと連携するためのソフトウェア「ASTERIA for Google Apps アダプタ」を開発した。

2009年06月10日 09時00分 公開
[TechTargetジャパン]

 パナソニック電工インフォメーションシステムズ(以下、パナソニック電工IS)は6月8日、Google Appsと既存システムとのデータ連携を実現するソフトウェア製品「ASTERIA for Google Apps アダプタ」を開発したと発表した。第1弾として、Googleカレンダーと既存システムとの連携コンポーネントを7月1日に発売する。

 ASTERIA for Google Apps アダプタは、インフォテリアが提供するEAI製品「ASTERIA」とGoogle Appsをデータ連携させるためのソフトウェア。ASTERIAはノンコーディングで容易にシステム間連携を実現できるツールとして、既に国内EAI市場で高いシェアを占めている。パナソニック電工ISでは、これにGoogle Appsとの連携機能を加えることにより「既存システムを生かしながらコスト削減や業務効率向上を図りたい」という企業のニーズに応えられるとしている。

画像 「ASTERIA for Google Apps アダプタ」のシステム構成イメージ(出典:パナソニック電工インフォメーションシステムズ)

 なお、同社はGoogleの企業向けソリューション開発パートナー「Google Enterprise Partner(GEP)」に認定されており、ASTERIA for Google Apps アダプタの提供もGEP認定パートナーとして行う。

関連ホワイトペーパー

Google(グーグル) | EAI | SaaS | ASP


ITmedia マーケティング新着記事

news094.png

夏休み予算は平均5万8561円 前年比微減の理由は?――インテージ調査
春闘での賃上げや定額減税実施にもかかわらず、2024年の夏休みは円安や物価高の影響で消...

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...