2010年02月22日 09時00分 公開
ニュース

日本HP、Core i5などを搭載した低価格ワークステーションNEWS

インテルのCPU「Core i5/Core i3」「Xeon 34xx」を搭載したことで従来よりパフォーマンスを向上したほか、静音性、環境性能にも優れる。

[TechTargetジャパン]

 日本HP(ヒューレット・パッカード)は2月19日、インテルのCPU「Core i5/Core i3」および「Xeon 34xx」を搭載したエントリークラスのワークステーション「HP Z200 Workstation」(以下、Z200)を販売開始した。価格は12万225円(税込み)から。同社のオンラインストアHP Directplusコールセンター、販売代理店、パートナー企業を通じて購入できる。

画像 「HP Z200 Workstation」はエンジニアやグラフィックデザインナーに加え、オフィスユーザー向けのパワーPCとしても最適だという

 Z200の特長は、メモリコントローラー内蔵Core i5/Core i3搭載モデルがメモリ転送速度の高速性、Xeon 34xx搭載モデルがパフォーマンスの高さ。加えて、筺体設計の工夫による“静音性”や、電源効率89%の電源ユニットと待機電力を半分以下とする独自機能による“環境性能”を追求した。

 具体的には、メモリがDDR3-1333 ECCに対応し、64ビットOSを選択した場合に最大16Gバイトまで利用可能となった。パフォーマンス面では、CAD/CGアニメーション/映像編集/解析シミュレーションを使用するミッドレンジMCADやデジタルコンテンツ制作、ソフトウェア開発、OEM用途などに幅広く対応する。主要ISV(独立系ソフトウェアベンダー)の動作確認検証も既に受けているという。静音性の評価としては、SATA HDD 1基、2Dグラフィックス搭載時に20dBという数値を記録した。

 なお、「HP Z Workstationシリーズ」は、デスクトップ型ワークステーションとしては業界初となるEPEAT GOLD(米国電子製品環境アセスメントツール)を取得。効果的な電力コスト削減とCO2削減を実現するとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...