2010年02月23日 09時00分 公開
ニュース

富士通、時間課金制IaaSサービスのトライアル版を5月に提供NEWS

富士通は、サーバやストレージを仮想化しネットワーク経由で提供するサービスのトライアル版を5月に開始する。

[TechTargetジャパン]

 富士通は5月10日から、クラウドサービス基盤「Trusted-Service Platform」上で「オンデマンド仮想システムサービス」のトライアル版を提供する。

 オンデマンド仮想システムサービスは、富士通のデータセンターで保有するサーバストレージ仮想化し、ネットワーク経由で提供するクラウドサービス。併せてネットワーク機能やセキュリティ機能もパッケージ化し、IaaS(Infrastructure as a Service)サービスとして提供する。

 同サービスの利用形態は、仮想サーバ、ディスク、ネットワークなどが1時間単位の従量課金制。仮想サーバには処理速度などの性能ごとに、エコノミー、スタンダード、アドバンス、ハイパフォーマンスの4タイプを用意する。エコノミータイプの価格は、1時間当たり1仮想サーバ31円(税別)。サーバの構成は、Webサーバ、アプリケーションサーバ、データベースサーバの3階層まで可能だ。また、システム構築の際は、仮想サーバの構成やスペック、ディスクの追加・削減、OS、バックアップ、リストア、ファイアウォールといった設定をWeb上で行える。サービスレベルの保証、データの保証(多重化)、自動フェイルオーバー機能も備える。

 なお、本サービスは2009年7月以降富士通内で39プロジェクトの検証が済んでおり、今回のトライアル提供を経て、2010年10月に商用サービスを開始する。サービス開始から1年間で1000社への導入を計画している。クラウドサービス全体では2012年度末に売り上げ3000億円を見込む。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...