オリエンタルアーツ、Google App Engineに対応したWebフレームワーク「pirka」の新版を公開NEWS

オープンソースWebアプリケーションフレームワークの最新版「pirka framework Ver 1.05」は、Google App Engine(GAE)に対応した。従来版で作成したアプリも多少の修正でGAE環境へ移行できる。

2010年02月24日 09時00分 公開
[TechTargetジャパン]

 オリエンタルアーツは2月23日、オープンソースで提供するWebアプリケーション開発用フレームワーク「pirka(ピリカ)」の最新版「pirka framework Ver 1.05」を発表した。SourceForge上で同日より公開している。

 pirkaは、HTMLとJavaの知識さえあれば利用できるフレームワーク。セッション管理やセキュリティ保障など、Webアプリケーション開発特有の処理はpirka側で担当するため、共通開発作業の削減、処理の漏れや間違いの抑制、プログラミング担当者のスキルの違いによる品質差の緩和を実現するという。

 最新版では、Googleが提供するアプリケーション開発用プラットフォーム「Google App Engine」(以下、GAE)に対応。従来版pirkaで作成したWebアプリケーションも多少の修正でGAE環境へ移行可能だとしている。ソースコードと詳細資料はpirka公式サイトからダウンロードできる。

ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...