アサヒビール、日本ユニシスのUSB型リモートアクセスサービス「SASTIK」を採用NEWS

育児休職者、出向者、出張者へ低コストで安心なリモートオフィス環境を提供。グループ社員の多様なワークスタイルを支援し、ICT運用コストを4分の1に削減したという。

2010年02月26日 09時00分 公開
[TechTargetジャパン]

 日本ユニシスは2月25日、提供するUSB型リモートアクセスサービス「SASTIK」がアサヒビールに採用されたと発表した。

 SASTIKは、自宅や外出先などの社外で、インターネットに接続したPCに専用のUSB型認証キー(SASTIKキー)を挿すだけで、社内のアプリケーションにアクセスできるサービス。セキュリティ対策SSL)の取れた日本ユニシスのiDC(Internet Data Center)を経由して接続するため、利用したPCには何の証跡も残さずログオフできるのが特長。料金は1サービス当たり月額700円。

 アサヒビールでは、従来、オフィス外で業務活動を行う社員に対してモバイルPCを配布していたが、育児休職者や休職者がさらに使いやすく安全に活用できるリモートオフィス環境を整備するため、今回、運用コストや管理負荷の面でも効果が期待できたというSASTIKを導入。ICT運用コストを4分の1に削減した。今後も社員のさまざまなワークスタイルに対応しながら、ワークライフバランスの向上を図り、貴重な人材の雇用確保を促進するとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...