2010年03月19日 09時00分 公開
ニュース

富士通が中堅企業向け商品・サービスを強化、10月に新会社立ち上げへNEWS

富士通は中堅企業向け製品の拡充を図る計画を発表した。4月1日より富士通ビジネスシステムに中堅市場向け商品の企画・開発機能を順次集約し、10月1日に新会社を立ち上げる。

[TechTargetジャパン]

 富士通グループは、新会社を10月1日に立ち上げ、中堅企業向け製品・サービスの拡充を図る計画を発表した。その先駆けとして、新会社の母体となる富士通ビジネスシステム(FJB)に中堅民需市場向け商品・サービスの企画開発機能を4月1日より順次集約する。今後は、中堅企業向け業種・業務パッケージやICTシステムの運用をサポートする各種サービス、クラウドサービスの強化を随時進めていく。

 具体的には、富士通グループが提供する中堅企業向けERP「GLOVIA smart」の開発部隊と、FJBのシステム導入・サポート実績ノウハウをFJBに統合することで、GLOVIA smartの販売体制を強化。システム導入に必要なサービスについては、自社製品だけでなく、他社製品も組み合わせたサーバストレージミドルウェア、アプリケーション、ネットワーク機器のインフラ構成から、システム構築・テスト・運用までのサービスをセットとして順次提供する。

 クラウドサービスについては、GLOVIA smartをはじめとしたSaaS(Software as a Service)アプリケーションを拡充。既存アプリケーションのSaaS化および再販を検討する企業に対して、各種支援メニューを備えた「SaaSパートナープログラム」をパートナー企業とともに引き続き提供していく。

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

CEOの多くが「今後2年間にわたり景気は停滞せず拡大する」と予測――Gartner調査
CEOの半数以上が「成長」に主眼を置き、危機を乗り越えた先には機会があると考えています。

news171.jpg

資生堂が考えるビューティー領域のDX マーケティングと営業の在り方はどう変わる?
資生堂とアクセンチュアは合弁で、ビューティー領域に特化したデジタル・ITの戦略機能会...

news165.jpg

「SDGs」の認知率が初の半数超え 10代、課長代理・係長クラスの認知率が高い――電通調査
電通が第4回「SDGsに関する生活者調査」を実施。SDGs認知率は前回調査(2020年1月)から...