2023年07月03日 05時00分 公開
特集/連載

Excel新関数「XMATCH」の説明によく出てくる「相対位置」って何?“脱Excel”か“活Excel”か:Excel 2021の新関数「XMATCH」解説【前編】

Excelの関数「MATCH」の強化版として、新たに登場した関数が「XMATCH」です。それぞれを理解するためには、各関数の説明に登場する「相対位置」を理解する必要があります。相対位置とは何なのでしょうか。

[村山 聡]

 Microsoftの表計算ソフトウェア「Excel 2021」に加わった新しい関数は、「XLOOKUP」の他、「LET」「XMATCH」があります。本稿はこの中から、XMATCHの基本的な特徴を解説します。

XMATCHの理解に必要な「相対位置とは何か」を実例で学ぶ

 XMATCHは「MATCH」の強化版と言える関数です。XMATCHとMATCHの機能については、ExcelのヘルプやMicrosoftのサポートサイトに次の説明があります。

  • XMATCH
    • セルの配列または範囲で指定された項目を検索し、項目の相対位置を返します。
  • MATCH
    • セルの範囲で指定した項目を検索し、その範囲内の項目の相対的な位置を返します。

 XMATCHはセルの範囲だけではなく、配列を指定できます。MATCHはセルの範囲しか指定できません。こうした違いはありますが、どちらも「指定範囲内の『相対位置』を結果として返す関数」という共通点があります。

基準によって変化する「相対位置」

 相対位置とは、どのようなものでしょうか。図1は、相対位置を理解するための、XMATCHの使用例です。図1では、セルD1にXMATCHを使用しています。セルC1に入力した「800」は検索値です。XMATCHを使ってセルA1からセルA10の範囲で、検索値である800を検索し、結果として「8」という値をセルD1に表示しています。

図1 図1 XMATCHの結果《クリックで拡大》

 この8という値は、

  • 検索値である800を値とするセル(セルA8)が、指定したセルの範囲のうち、シートの左上に近いセル(今回はセルA1)から数えて何番目にあるか

を示しています。つまりXMATCHでは、指定するセルの配列または範囲によって、位置を数える最初のセル、つまり基準セルが変わることになります。そのためXMATCHの返す値は不動の絶対位置ではなく、基準セルによって変動する相対位置になるのです。


 中編は、XMATCHとMATCHの基本的な違いを解説します。

このコラムについて

 ほとんどの企業が使っている表計算ソフト「Microsoft Excel」。便利なツールですが、本来の目的を超えて“使いこなし過ぎる”ことが、かえって業務効率を低下させてしまったり、業務の属人化につながってしまったりする場面があるのではないでしょうか。

 このコラムでは、日常業務でよく見掛けるExcelの活用例を紹介しながら「こんな場面は脱Excelを考えた方がよい」「こういうExcelの活用法はお薦め」といった知見を紹介します。

村山 聡(むらやま・さとし)

1971年愛知県生まれ、名古屋大学経済学部卒、中小企業診断士。IT企業在職中に、単一業種においてキャリアを積んでいくことに疑問を感じ、どんな業界、職種でも通用する知識を得るべく中小企業診断士を取得。複数社を経て、現在の勤め先にて、コンサルタントとして、データを活用した業務効率改善に取り組む。

ITmedia マーケティング新着記事

news041.jpg

2024年の広告業界大予測(無料eBook)
Forrester Researchは2024年を「大手メディアが活気を取り戻す瞬間」としています。マー...

news067.jpg

Xにおける「バレンタイン」を含む言及数は過去4年間で最多だがUGC数は最少 どういうこと?
ホットリンクは、X(旧Twitter)に投稿されたバレンタインに関するUGCについて調査しまし...