2011年04月05日 09時00分 公開
特集/連載

PACS市場は2011年の522億円がピーク、以降はリプレース需要へPACS(医用画像システム)市場調査リポート

CRやCT、MRIなどの画像撮影装置の画像データを管理するPACS(医用画像管理システム)。シード・プランニングの市場調査を基に現状と今後の動向を予測する。

[林 和夫,シード・プランニング]

 シード・プランニングは2010年10月、市場調査リポート「2010年版 電子カルテの市場動向調査」を刊行した。このリポートは、電子カルテ(病院向け・診療所向け・歯科向け)とPACS(医用画像システム)の市場を調査し、2014年までの市場規模を予測したものである。本稿では、病院・診療所向けPACS市場の調査結果を基に、その市場規模や導入状況を紹介し、今後の市場動向を考察する。

2011年が新規案件のピークで522億円規模、以降はリプレース需要が高まる

 2008年の診療報酬改定で「フィルムレス加算」制度が設けられたことで、PACSシステム市場は拡大し、2009年の市場規模は485億円、納入数は1350件になった。PACSシステムの導入状況は600床以上の大病院で95%前後、200床以上399床以下の中小病院で60〜65%となっている。2010年の診療報酬改定でもフィルムレス加算は継続され、市場は堅調に推移している。今後、2011〜2012年が新規案件のピークと見られ、2012年以降はリプレース需要が中心となり市場はマイナス成長。2014年には500億円前後の市場規模になると予想される。

photo PACS市場規模・今後の予測

参入ベンダーの状況

進むベンダーのすみ分け

 PACS市場の立ち上がり時には、モダリティやフィルムCRなどのメーカー、システムベンダー、SIerなど多数の企業が参入していたが、徐々に淘汰されてきた。現在PACSシステム市場には25社前後が参入しており、大病院をターゲットにするベンダー、診療所および中規模病院向けを主なターゲットにするベンダー、大病院・中小病院・診療所の全てをカバーするベンダーなどで、そのすみ分けがなされてきている。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...

news021.jpg

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

news058.jpg

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...