SQL Azure開発支援ツールを提供開始 システムインテグレータNEWS

クラウド型データベース「SQL Azure」の開発支援ツールのβ版を無償提供。2011年秋に製品版の発売を予定している。

2011年05月09日 18時30分 公開
[TechTargetジャパン]

 システムインテグレータは5月9日、日本マイクロソフトクラウドデータベース(DB)「SQL Azure」に対応したDB開発支援ツール「SI Object Browser for SQL Azure ベータ版」を公開した。このツールはSQL Azureに直接接続し、テーブルの各種オブジェクトの作成やSQLの実行など、DBに関する操作をGUIで行うことができる。

photo GUIによるテーブルの作成例

 SI Object Browserは、SQLの作成補助やドキュメント作成などの自動処理機能を搭載している。今回のβ版では、それらの一部の機能を無償提供する。同社によるとβ版利用者からのフィードバックを基に、2011年秋に販売予定の「SI Object Browser for SQLServer Ver.2」にSQL Azure対応機能を盛り込む予定だという。

ITmedia マーケティング新着記事

news004.jpg

ブランドセーフティー(安全性)とブランドスータビリティー(適合性)はリーチと両立できる
そもそも広告は表示されなければ始まりません。だからこそ「ビューアビリティー」が重要...

news186.jpg

B2Bサイトランキング2024、三菱電機が2年連続トップ――トライベック・ブランド戦略研究所調べ
トライベック・ブランド戦略研究所は、B2Bサイトのビジネス貢献度を評価する調査の結果を...

news114.jpg

Googleも認める“TikTok検索”のとてつもない影響力
ユーザーが製品を発見するプロセスにおいてTikTokが果たす超強力な役割についてのインサ...