富士通、SaaS型地域医療ネットワークサービスを販売NEWS

富士通が、複数の医療機関が保持する医療情報をインターネット経由で共有するネットワークサービスを販売。富士通のデータセンターを中継に各医療機関の電子カルテシステムを連携させる。

2011年05月10日 20時00分 公開
[TechTargetジャパン]

 富士通は5月10日、SaaS(Software as a Service)の地域医療ネットワークサービス「HumanBridge」を販売開始した。同社は販売目標として、2012年3月末までに累計300医療機関への導入を掲げている。

 HumanBridgeは、地域の中核病院や診療所、介護施設など複数の医療機関が個別に保持する患者情報(診療情報、検査結果、医用画像、リポート情報など)をネットワーク経由で医療機関が参照・確認できるサービス。各医療機関にゲートウェイを設置し、富士通のデータセンター(中継センター)とリアルタイムに患者情報を連携する方式を採用している。

photo HumanBridgeシステム概要

 医療機関は、地域医療ネットワークシステムを新たに構築・保有する必要がなく、インターネット接続できるPC端末と現在利用している電子カルテシステムを用いて、短期間でサービスの利用を開始することが可能。また、HL7やDICOMなどの医療情報交換のための標準規格、およびSS-MIX標準化ストレージの技術を採用しているため、各医療機関が異なるベンダーの電子カルテシステムを利用していても、シームレスに情報を共有できる。

 さらに、患者は地域のどの医療機関で診察を受けても診療情報が共有されるため、診療所から中核病院への患者紹介や、病院間での入院患者の移動などをスムーズに行うこともできる。

また同社では、このサービスを全国民の健康情報全般を統合する「PHR(Personal Healthcare Record)」、生活情報全般を統合する「PLR(Personal Life Record)」を実現するためのクラウド型のヘルスケアソリューションの第一弾として位置付けているという。

 HumanBridgeの利用料金は月額10万円から(富士通のデータセンターを利用する場合、ハードウェアおよびソフトウェアを含む)。また、各医療機関の電子カルテシステムへの接続については、ゲートウェイの導入が別途必要となる。

ITmedia マーケティング新着記事

news098.jpg

食品の高値安定傾向はどこまで続く?――インテージ調査
全国約6000店舗より収集している「SRI+(全国小売店パネル調査)」を基に実施した食品や...

news028.jpg

インターネット広告の新しいKPIと「アテンション」の再定義
最終回となる今回は、ターゲットに届いた広告の効果を正しく測定するための指標として「...

news158.png

売れるネット広告社、「売れるD2Cつくーる」にLP自動生成機能を追加
売れるネット広告社が「売れるD2Cつくーる」に、新たに「ランディングページ自動生成(AI...