2011年05月18日 17時30分 公開
ニュース

医療症例データ収集用クラウドサービスを提供 学会研究会jpNEWS

医療・研究機関を対象に難病や新疾患、希少疾患などの診断法・治療法に関する情報収集を支援するサービスを提供する。

[TechTargetジャパン]

 医療従事者向けの情報提供Webサイトなどを運営する学会研究会jpは5月17日、医療機関・研究機関の症例データを収集・管理するクラウドサービス「Dr. Review」の提供を開始した。Dr. Reviewは、インターネットを通じて発症原因や治療方法の研究に関する情報をオンラインで入力・共有するサービス。

photo 「Dr. Review」利用イメージ

 同社によると、Dr. Reviewでは集めたい症状や検査、治療などを自由に設定して、さまざまな病気の診断法や治療法に合わせた情報がを効率的、迅速的に収集できるという。また、患者の症状や治療後の反応などのデータ比較を時系列で行えるなど「経過観察」として利用することが可能。

 既にDr. Reviewは、厚生労働省の難治性疾患克服研究事業「未分類疾患の情報集約に関する研究」(新井勝大氏 国立成育医療センター 消化器科)におけるIBD(inflammatory bowel disease)症例集積サイトで活用されている。

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

超リッチなイーロン・マスク氏の「言論の自由」は、あなたのそれと同じなのか?
Twitter買収の大義名分とされる「言論の自由」。しかし、同じことを語っているつもりでも...

news204.jpg

新卒の営業職が仕事をやりたくない時期、最多は「5月」 ―― RevComm調査
新卒営業社員は5月に最初の「壁」を感じるようです。

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...