東芝、電力消費量のリアルタイム可視化サービスをクラウド提供へNEWS

政府の電力消費量15%削減要請を受け、東芝、東芝ソリューションが企業全体の電力使用量監視システムをクラウドサービスとして提供する。

2011年05月19日 15時05分 公開
[原田美穂,TechTargetジャパン]

 東芝と東芝ソリューションは2011年5月19日、生産拠点やオフィスなどの電力消費量をリアルタイムで収集し、管理する「使用電力見える化クラウドサービス」を発表、6月中旬からサービス提供を開始する。対象となるのは、東北電力・東京電力管轄内。料金は1サイト(拠点)当たり月額3万6000円から。

 各拠点の電力使用量を1〜30分周期で測定し、インターネット経由でデータセンターに送信、自動集計する仕組み。データの収集・集計はクラウドサービスで行うため、サーバなどのIT機器への投資が最小限で済む。また、各拠点に電力量計および電力センサー、ゲートウェイなどの計測ユニットを設置するだけでサービスが利用できるため、導入の容易さも特徴となっている。分電盤単位やコンセント単位といった詳細な計測からビルや工場・各種施設の電気設備との接続による大型の計測までに対応する。

 電力不足の状況から、企業には一律15%程度の節電目標が設けられていることに配慮し、節電目標設定機能(上限値に近づいた際の自動警報メール送信)が用意されており、需要抑制計画の作成を支援するとしている。

 東芝では東京・港区の本社ビルや府中事業所、岩手東芝エレクトロニクスなど、対象エリア内の40拠点で順次計測ユニットを設置、6月末までに総電力消費量の90%程度をカバーするとしている。

 同サービスでは今後、連携するセンサーの拡充や設備機器の監視システム、エネルギー管理システムとの連携機能なども随時追加していくとしている。

サービスの機能概要 サービスの機能概要

関連ホワイトペーパー

見える化


ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

矢野経済研究所「2024年版 デジタルコンテンツ市場動向調査」を実施
矢野経済研究所は、国内のデジタルコンテンツ市場を調査し、市場概況や主要企業動向を明...

news100.jpg

Salesforceの「Einstein Copilot」は他社のAIアシスタントと何が違うのか?
Salesforceが対話型AIアシスタント「Einstein Copilot(β版)」を日本市場で提供開始し...

news029.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年6月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。