2011年07月05日 19時00分 公開
ニュース

製造業専用の「エネルギーの見える化ソリューション」NEWS

製造設備や製造拠点の電力監視を考慮したエネルギーマネジメントソリューションが登場。エクサのノウハウを生かした業界特化のテンプレートが特徴。

[原田美穂,TechTargetジャパン]

 日本アイ・ビー・エムとエクサは2011年7月5日、「エネルギーの見える化ソリューション」の提供を開始した。価格は、400万円からのオンプレミス版と、初期費用300万円、月額費用20万円からのSaaS版がある。

 同ソリューションは米国IBMが取得したTivoli製品群の1つで設備資産管理・保全管理機能を提供する「Maximo」をベースにしており、エクサがシステム構築を担当する。

 エクサでは、既にMaximoを使った設備管理、保全向け部品情報閲覧などのシステム構築の実績がある。今回の発表で新たに電力管理ソリューションが加わることになる。

 同ソリューションの特徴は、製造業向けに特化したテンプレートが用意されていること。両社によると最短3週間でシステム構築が可能だという。

 工場・オフィスの電力計やBEMS、FEMSなどのエネルギー監視システムから電力使用量情報を収集、データの一括管理と監視を行う。設備単位やオフィスのフロア単位ごとの管理が可能。

 システム構築後は日本アイ・ビー・エムのコンサルタントが効果検証や改善提案を継続してサポートする。

関連ホワイトペーパー

製造業


ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。