2012年02月07日 09時00分 公開
特集/連載

スマートフォンの管理漏れを一掃するために確認すべき4項目ユーザー任せの端末管理では危険

セキュリティ対策が十分でないスマートフォンが業務利用されるケースは後を絶たない。端末管理を徹底するために、管理者が確認すべき4つの項目を整理した。

[Kevin Beaver,TechTarget]

 モバイルは新しいエンドポイントだ。IT管理者はどうすればモバイルセキュリティを保証できるのか。自分のモバイル端末がロックダウンされていると不満を漏らすユーザーも多い。だがそれはまだ序の口だ。パーソナルファイアウォールの導入からウイルス対策、権限管理、情報流出防止対策に至るまで、エンドポイントのセキュリティを保証するための技術やポリシー、プロセスは既に存在する。問題は、われわれが依然として、会社の周辺で使われているモバイル端末を全て無視しているかのように思えることだ。

モバイルセキュリティのチェックポイント

 どんな組織であれ、不特定多数のモバイルエンドポイントが時間帯を問わず使われている。こうした環境では、数千とは言わないまでも、数百もの情報群が従来型のエンドポイント管理からこぼれ落ちている公算が大きい。以下の項目を確認して問題を洗い出し、モバイルセキュリティ対策に役立ててほしい。

ITmedia マーケティング新着記事

news113.jpg

日本のスマホ決済アプリのインストール数は75%成長 バンキングアプリ利用も急増――Adjust調査
2020年上半期は特に日本において、新型コロナの影響でファイナンスアプリの利用が活発化...

news048.jpg

ニューノーマル初の年末商戦 成功の鍵は「送料無料」と「低価格」、そして……――Criteo予測
コロナ禍の収束が見通せないながらも、人々の消費は少しずつ動き出しています。ホリデー...

news177.jpg

広告業界の倒産、4年連続増加の可能性も――帝国データバンク調査
広告関連業者の倒産動向調査(2020年1〜9月)の結果です。年末に向け、新型コロナウイル...