2012年03月01日 13時31分 公開
ニュース

ルネサスがグローバル調達体制強化の組織変更を発表NEWS

ルネサス エレクトロニクスがグローバル調達を強化。全体最適に向けた調達専門のチームを2012年4月1日から立ち上げる。

[原田美穂,TechTargetジャパン]

 ルネサス エレクトロニクスは2012年2月29日、資材調達まわりの組織変更を発表した。

 同社は中国に資材調達拠点を新設するなど、いままでも資材調達のグローバル化を進めてきたが、より最適化した調達プランを実行するために、組織体制を変更する。

 新組織は「グローバルソーシング推進室」として2012年4月1日付けで経営直轄に置かれる。同時に、中国および台湾の販売子会社内の資材調達部門の人員も強化する。

 半導体企業各社のアウトソーシング利用が増えていることから、中国や台湾のファウンドリやサブコン(組立受託会社)が増産を進めている。この一連の流れから、材料・部材メーカーも生産能力を増強しつつあるため、同社としてもより安価な選択肢を検討できるようになってきている。

 グローバルソーシング推進室は、生産部門や営業部門、調達部門などの業務オペレーション組織とは独立して置かれ、全社横断での最適調達計画を策定する。調達先の評価情報や判断の権限を同組織に集中させることで、可否判断のスピードアップも狙う。

 また、上海の調達拠点にも技術者を常駐させ、現地調達先企業の評価が迅速に行える体制を整える。台湾の調達拠点では、ファウンドリおよびSIP用メモリの調達業務を本社から移管するとしている。

関連ホワイトペーパー

経営 | 生産管理 | 製造業


ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

コロナ禍で「たすけあいの意識」が高まったと回答した人が66.9%――こくみん共済 coop調査
コロナ禍の意外な効用? 人と人との「たすけあい」の気持ちが強くなっているという調査...

news056.jpg

企業コミュニケーションの「ニューノーマル」を語ろう
マーケティングやPRの従事者は今、かつてない難問を突きつけられている。「3密」回避など...

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...