2012年07月12日 08時00分 公開
特集/連載

Hyper-V 3.0の大量メモリ割り当てに関する落とし穴ハイパーバイザー戦争の一局面でしかない

MicrosoftやVMwareは、仮想マシンに割り当て可能な最大メモリ量の増加を盛んに宣伝している。だが、仮想マシンのワークロードを適切にサイジングできなければ、重大な支障を来たすことになる。

[Greg Shields,TechTarget]

 米Microsoftから2012年内にリリースされる予定のWindows Server 2012Hyper-V(Hyper-V 3.0)では、管理者は仮想マシン(VM)に最大1Tバイトの仮想RAMを割り当てられるようになる。莫大な容量だが、こうした大量のメモリを1台のVMに割り当てると、ライブマイグレーションやクラスタリング、高可用性といった機能に重大な支障が生じる恐れがある。

ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。