2012年12月27日 08時00分 公開
特集/連載

社内で必要なスキルを持った人材を見つけたい課題解決ナビ

企業が大きくなったり、拠点が海外に広がると必要なスキルを持った人を社内で探すのが難しくなる。組織再編やプロジェクトチームの設立のために、適切な人を効率的に探す方法を紹介する。

[TechTargetジャパン]

 社内で組織再編があったり、新規プロジェクトを立ち上げる場合、人事部やプロジェクトリーダーは適切な人材を探す必要がある。この場合、新組織や新プロジェクトに必要なスキルを洗い出し、そのスキルを持つ適切な人材を全社から集めることが重要だ。

 だが、人材管理システムには社員の所属や役職、入社日、異動履歴などの基本情報しか登録されていないことが多い。そのため過去に経験したプロジェクトや赴任した拠点、入社以前の経歴、社内外での業績・評価など、多様な要素をキーにして人材を探す必要がある場合には、助けにならない。

 このような課題を解決するにはさまざまな人材情報を登録・検索できるデータベースを構築したり、通常の業務経歴では分からない人材のスキルや経験を可視化するシステムが必要だ。そのようなニーズに応える製品として「タレントマネジメントシステム」「スキル | グループウェア」「社内SNS」がある。以下、それぞれの概要を解説する。

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...