レガシーユーザーも飛びつく「ばら売りクラウドUC」の納得度UCのクラウド化はこれで進むか?

ユニファイドコミュニケーション(UC)のクラウドサービス「UCaaS」。多くのユーザー企業がUCインフラのクラウド移行にためらう中、UCaaSは普及するのだろうか? 鍵は機能の“ばら売り”にある。

2013年09月03日 08時00分 公開
[Gina Narcisi,TechTarget]

 クラウドベースのサービスは、低リスクかつ導入してすぐにメリットを享受できることから、採用する企業が増えつつある。例えばクラウドストレージを利用すれば、より優れたデータ管理が実現でき、いつでもどこからでもデータへアクセスできるようになる。ただし、企業にとって不可欠な電話通信(テレフォニー)とユニファイドコミュニケーション(UC)のインフラに関しては、まだクラウドへの移行に慎重な企業が多い。

 クラウド形式のUCサービス(UCaaS: Unified Communications as a Service)のベンダーは、顧客が既に導入しているインフラとUCaaSとの連係方法を探り、顧客の基本的な業務ニーズに合った販売戦略を打ち出す必要がある。「オンプレミスのUCシステムを導入済みの企業は、こうしたシステムをいきなり手放したりはしないはずだ」。米Current AnalysisでUCとコールセンター分野を担当する主任アナリストのケン・ランドライン氏は指摘する。

ITmedia マーケティング新着記事

news155.png

インバウンド事業者向けに動画で多言語コンテンツ ベーシックが制作支援サービスを提供開始
ベーシックとこんにちハローは、インバウンド需要向けのコンテンツ制作支援を目的とした...

news164.jpg

AIがパッケージデザインを数秒で評価するシステム インテージグループ会社がアジア3カ国で提供開始
パッケージデザイン開発のスピードアップとコストダウン、効率化と高度化を実現。調査結...

news071.png

営業現場のDX、「進んでいない」が7割――Sansan調査
Sansanが実施した「営業活動における実態調査」の結果を紹介します。