目指すは“中古車販売のIKEA”、ガリバーがiPad miniとAWSで新店舗全システムのクラウド移行も進行中

ガリバーインターナショナルの「WOW!TOWN」は、プライスボードを掲げないユニークな中古車販売店舗だ。その接客スタイルを支えるのがiPad miniとAWSである。導入の経緯を担当者に聞く。

2013年11月15日 08時00分 公開
[鳥越武史,TechTargetジャパン]

 価格ありきではなく、顧客のライフスタイルに合った中古車を探してもらいたい――。ガリバーインターナショナルが2012年7月、こうしたコンセプトに基づいてオープンした中古車販売店が「WOW!TOWN」だ。WOW!TOWNの店舗運営や接客にはAppleタブレット「iPad mini」を採用。併せてAmazon Web Servicesのクラウドサービス群「Amazon Web Services(AWS)」を利用し、システムの運用コスト削減やシステム開発の迅速化を図っている。

 WOW!TOWNを支える端末やシステムについて、ガリバーインターナショナル ITチームの坂口直樹氏に話を聞いた。

iPad miniの活用シーン:中古車情報のQRコード読み取り端末として利用

ITmedia マーケティング新着記事

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。

news102.jpg

GoogleがIABのプライバシーサンドボックス批判に猛反論 完全論破へ42ページのレポートを公開
Googleは、米インタラクティブ広告協会から寄せられた批判について「多くの誤解と不正確...

news060.jpg

広報担当者の悩みあるある「取材を受けたのに思ったような記事にならないのは何故?」
自社や自社の製品・サービスについて広く知ってもらうためにメディアの取材を増やすこと...