2013年11月18日 08時00分 UPDATE
特集/連載

クラウドをめぐる諸問題CIOの最大の懸念はクラウドコンピューティングの「見えないコスト」

CIOを対象とした世界規模の調査により、クラウドコンピューティングの課題が浮き彫りとなった。世界のCIOは何を懸念し、どう対応すべきなのか?

[Archana Venkatraman,Computer Weekly]
Computer Weekly

 CIOを対象に、クラウドコンピューティングに関する動向と懸念について世界的に調査した結果、回答者の80%近くがクラウドの「見えないコスト」を懸念していることが明らかになった。

 クラウドでの複雑なバックアップとリカバリ、不十分なクラウドのストレージ容量、従業員によるクラウドサービスの勝手な使用などは全てクラウドの「見えないコスト」を生み出す。

Computer Weekly日本語版 2013年11月6日号無料ダウンロード

1106_120.jpg

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 2013年11月6日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。


 この調査は米Compuwareが委託しReserch in Actionが実施したもので、結果はホワイトペーパーとして公開されている。それによると、CIOはクラウドサービス関連の管理についても懸念を感じていることが示された。CIOがIT管理の観点から挙げた最大の懸念事項は、以下の通りである。

  • クラウドサービスの可用性やパフォーマンスの低さ、トラブルシューティングに起因する利益逸失
  • パフォーマンスのボトルネックが原因の劣悪なユーザーエクスペリエンス
  • ブランド認知と顧客ロイヤルティーに対する貧弱なパフォーマンスの影響

 クラウドベースアプリケーションのパフォーマンスを適切に管理しなければ、コストが増大し、クラウドの潜在的なメリットをフルに実現できないことがこの調査で示されている。

クラウドは最優先の投資対象

 しかし、本調査によるとCIOはクラウドサービスの使用に不安はあっても、クラウドを長短期共に最優先の投資対象としている。また、パブリック、ハイブリッド、プライベートクラウドの統合も、今後5年間のクラウド分野での最も重要なトレンドと見ている。

 CompuwareのAPM事業部の最高情報責任者、ベルント・グライフェニーダー氏は、「クラウドの導入がCIOの優先事項のトップであるということは、クラウドサービスが実現するアジリティ、柔軟性、迅速な価値実現にプラスになると企業が考えているのは明らかだ」とコメントしている。

 しかしこの調査では、パブリック、ハイブリッド、プライベートクラウドの統合によって、IT環境の管理と監視はますます困難になることが示されている。現在では、ユーザーアプリケーションの提供にさまざまなクラウドサービスおよびプロバイダーが利用されているため、ユーザーに提供するサービスをIT部門が全面的にコントロールできなくなり、管理の問題が生まれている。

 「CIOは、クラウドとサードパーティーのサービスがユーザーエクスペリエンスに与える影響を十分に考慮すべきだ」とグライフェニーダー氏は話す。

クラウドアプリケーションのパフォーマンスの計測と管理

 また、この調査ではビジネスクリティカルなアプリケーションにクラウドを利用するケースが増えていることも明らかになった。

続きはComputer Weekly日本語版 2013年11月6日号にて

1106_80.jpg

本記事は抄訳版です。全文は、以下でダウンロード(無料)できます。


ITmedia マーケティング新着記事

news017.jpg

消費財メーカーを悩ませる「店舗」という大問題、SaaSならどう解決できる?
小売業が激動する時代の消費財メーカーにSaaSができることは何か。Salesforceの新製品「C...

news035.jpg

企業の魅力は人の魅力――電通パブリックリレーションズ「第4回魅力度ブランディング調査」
電通パブリックリレーションズ内の企業広報戦略研究所は、生活者1万人を対象とした「第4...

news023.jpg

UberとLinkedInが初ランクイン テクノロジーブランドはなぜ強い?――「Best Global Brands 2019」
世界のブランド価値評価ランキング「Best Global Brands 2019」トップ3は不動のApple、Go...