2014年03月05日 08時00分 公開
特集/連載

Amazonが本気で提供する仮想デスクトップ、利用をためらう理由とはIT管理者の夢を実現できるが……

米Amazon Web Servicesが提供するクラウドベースのデスクトップサービス「Amazon WorkSpaces」を詳しく見ていこう。DaaSであるAmazon WorkSpacesに移行するメリット/デメリットを考える。

[Chris Moyer,TechTarget]

 仮想デスクトップはIT管理者の夢だ。従業員全員が利用するシステムをITスタッフが容易に、自動的に管理できるようになり、従業員全員が厳密に正しいバージョンのソフトウェアを実行していることを確認できる。

 仮想デスクトップを導入すれば、社内ユーザーが使用している仮想システムにITスタッフは直接ログインして、システムへのアクセスがセキュアかどうかも確認できるので、問題が発生した場合のトラブルシューティングが速く進む。新しい社員が入社してきた場合でも、ITスタッフはボタンをクリックするだけで、新入社員が使う仮想デスクトップをプロビジョニングすることができる。この作業が終われば、新入社員はインターネットが利用できる場所ならばどこからでも、自分用の作業環境にアクセスできるようになる。

デスクトップ環境を従量制で提供

ITmedia マーケティング新着記事

Yahoo!広告がLINE広告と連携 「LINE NEWS」面への配信を開始
ヤフーとLINENが広告事業で初めての連携。

news019.jpg

人はなぜFacebookを離脱したくなるのか? プライバシー懸念を上回る理由
さまざまな懸念もよそに拡大する巨大SNS。一方でそこからログアウトする人々は何を思うの...

news117.jpg

化粧品の二次流通市場規模は推計1555億円――メルカリとアイスタイル調査
二次流通市場購入者の40.1%が、使ったことがない化粧品を試すための“トライアル消費”...