2014年03月11日 08時00分 UPDATE
特集/連載

財務経理・経営企画のためのデータ分析入門【第3回】「機械学習」時代の経営判断はどうあるべきか

流行っているからといってデータ分析に飛びつくと痛い目に遭う――ポイントになるのはデータに基づく判断を社内に定着させるためのスモールスタートだ。将来の「機械学習」をにらんだ取り組みを説明する。

[尾山哲夫,EYアドバイザリー]

 第1回「『勘と経験と度胸』を超えるデータアナリティクスの可能性」、第2回「他社の戦略をまねしてもうまくいかない? 必要なのはケイパビリティ管理」と、顧客の理解から始まり、ケイパビリティの強化、仮説シナリオの策定、そしてPDCAサイクルの回し方まで、データアナリティクスを導入して実行する手法について説明してきた。

 今回は、このデータアナリティクスを支えるITと、データアナリティクスを経営に取り入れるための戦略について説明する。

データアナリティクス導入の戦略

ITmedia マーケティング新着記事

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...

news089.jpg

「平成ジャンプ世代」の男女共に約8割は結婚意向あり――Pairsエンゲージ パーソナル婚活研究所調べ
「平成ジャンプ世代」とは、未婚のまま平成の30年間を飛び越えて令和を迎えた昭和生まれ...