他社の戦略をまねしてもうまくいかない? 必要なのはケイパビリティ管理財務経理・経営企画のためのデータ分析入門【第2回】

好調な他社と同じことをしても自社ではうまくいかない――。このような場合は、その戦略を実現するためのケイパビリティ(能力)が不足している可能性がある。データ分析を基にケイパビリティを可視化するには?

2013年12月05日 08時00分 公開
[尾山哲夫,EYアドバイザリー]

 前回「『勘と経験と度胸』を超えるデータアナリティクスの可能性」では、ビッグデータおよびデータアナリティクスの概要と、財務経理部に向けた活用法について概説した。今回はデータアナリティクスを活用し、いかに顧客を創造し、収益を上げていくかについて説明する。本稿では、顧客の理解だけではなく、自社のケイパビリティ(Capability:能力)の強化という視点も組み込んでいる。これは全社的に考えていくべきテーマであり、経営企画に携わる方々にぜひリーダーシップを発揮してほしい。

顧客を理解するためにすべきこと

ITmedia マーケティング新着記事

news025.png

「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2024年3月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news175.png

AI同士が議論して商品開発のアイデア出し 博報堂が「マルチエージェント ブレストAI」の業務活用を開始
専門知識を持ったAI同士が協調して意思決定と企画生成を行う仕組みを活用。最適な結論や...

news172.jpg

デジタルサイネージ一体型自動ドアによる広告配信サービス ナブテスコが提供
ナブテスコがデジタルサイネージ一体型自動ドアを広告メディアとして利用する新サービス...