他社の戦略をまねしてもうまくいかない? 必要なのはケイパビリティ管理財務経理・経営企画のためのデータ分析入門【第2回】

好調な他社と同じことをしても自社ではうまくいかない――。このような場合は、その戦略を実現するためのケイパビリティ(能力)が不足している可能性がある。データ分析を基にケイパビリティを可視化するには?

2013年12月05日 08時00分 公開
[尾山哲夫,EYアドバイザリー]

 前回「『勘と経験と度胸』を超えるデータアナリティクスの可能性」では、ビッグデータおよびデータアナリティクスの概要と、財務経理部に向けた活用法について概説した。今回はデータアナリティクスを活用し、いかに顧客を創造し、収益を上げていくかについて説明する。本稿では、顧客の理解だけではなく、自社のケイパビリティ(Capability:能力)の強化という視点も組み込んでいる。これは全社的に考えていくべきテーマであり、経営企画に携わる方々にぜひリーダーシップを発揮してほしい。

顧客を理解するためにすべきこと

ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

郵送業務を電子化する理由 3位「テレワークへの対応」、2位「業務の迅速化・省力化」で1位は?――リンクス調査
キャンペーンのお知らせや新商品の紹介のダイレクトメールなど、個人宛てに送付する郵便...

news172.png

WACULが「AIアナリストSEO」を大幅刷新 コンテンツ作成×外部対策×内部対策×CVR改善をワンストップで支援
月額30万円でAI技術を活用したコンテンツ制作、約4万サイトの支援データ、熟練コンサルタ...

news150.jpg

SFAツール「Kairos3 Sales」にモバイルアプリ版 訪問営業の生産性向上へ
モバイルアプリ上で、リアルタイムで営業活動の確認・記録が可能になる。