2013年12月05日 08時00分 公開
特集/連載

他社の戦略をまねしてもうまくいかない? 必要なのはケイパビリティ管理財務経理・経営企画のためのデータ分析入門【第2回】

好調な他社と同じことをしても自社ではうまくいかない――。このような場合は、その戦略を実現するためのケイパビリティ(能力)が不足している可能性がある。データ分析を基にケイパビリティを可視化するには?

[尾山哲夫,EYアドバイザリー]

 前回「『勘と経験と度胸』を超えるデータアナリティクスの可能性」では、ビッグデータおよびデータアナリティクスの概要と、財務経理部に向けた活用法について概説した。今回はデータアナリティクスを活用し、いかに顧客を創造し、収益を上げていくかについて説明する。本稿では、顧客の理解だけではなく、自社のケイパビリティ(Capability:能力)の強化という視点も組み込んでいる。これは全社的に考えていくべきテーマであり、経営企画に携わる方々にぜひリーダーシップを発揮してほしい。

顧客を理解するためにすべきこと

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...