三重県の小中学生が受ける「ネット検定」、その内容と目的とは?教育ITニュースフラッシュ

15万人分のゲノム配列解析を目指す東北大学のスパコン導入事例から、タブレットを使った自宅学習支援システムを導入した学習塾の事例まで、注目の教育IT関連ニュースをお届けします。

2014年07月25日 08時00分 公開
[鳥越武史,TechTargetジャパン]

関連キーワード

Google | 教育 | 教育IT | セキュリティ | タブレット


 教育機関のIT導入事例、教育機関向けの新製品に関するニュースを紹介する教育ITニュースフラッシュ。東北大学が15万人分のゲノム配列の解析を目指して進めたスパコン導入事例から、塾生の自宅学習をITで支援する学習塾の取り組みまで、さまざまなニュースがありました。

三重県教育委員会、児童生徒向け「ネット検定」を実施

ITmedia マーケティング新着記事

news164.jpg

AIがパッケージデザインを数秒で評価するシステム インテージグループ会社がアジア3カ国で提供開始
パッケージデザイン開発のスピードアップとコストダウン、効率化と高度化を実現。調査結...

news071.png

営業現場のDX、「進んでいない」が7割――Sansan調査
Sansanが実施した「営業活動における実態調査」の結果を紹介します。

news088.jpg

「アドフラウド」の現実 広告費の4分の1が不正なインプレッションにかすめ取られている
「広告費のムダ」がなぜなくならないのか、広告費をムダにしないためにはどうすればいい...