2014年12月14日 09時00分 公開
特集/連載

Windows 8/8.1が“もっさり”と感じたら試したい高速化テクニックOSを高速起動するには

Windows 8/8.1は、OSの設定を変更することで、システムのパフォーマンスを高めることができる。パフォーマンスの向上に役立つツールや設定方法を紹介する。

[Nirmal Sharma,TechTarget]

 「Windows 8」から搭載された新機能「高速スタートアップ」を有効にすると、OSの起動時間を高速化することができる。PCのパフォーマンス向上に役立つ機能の1つだ。

 通常、Windowsには「ユーザーセッション」と「カーネルセッション」という2つの領域が存在する。従来のシャットダウン方法では、ユーザーとカーネルの両方のセッションを終了させる。高速スタートアップの場合は、完全に終了させるのをユーザーセッションのみとし、カーネルセッションは休止状態にする仕組みとなっている。次回の起動時には、その休止状態のファイルがロードされ、短時間でのシステムの起動を可能にしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...