2015年06月18日 08時00分 公開
特集/連載

競合4社の合計をも上回るAWSの優位はいつまで続くのか?Salesforce.com、MS、IBM、Googleに勝ち目はあるか

米調査会社SRGの市場分析リポートによると、AWSの事業規模は競合するSalesforce.com、MS、IBM、Googleの合計を上回るという。AWSが現在の地位を築いた理由とは何か?

[Caroline Donnelly,Computer Weekly]
Computer Weekly

 米Amazonの「Amazon Web Services(AWS)」はクラウドインフラサービス市場をけん引しており、その事業規模は競合4社の合計をも上回る。

 米調査会社Synergy Research Group(SRG)が2015年第1四半期のクラウドインフラサービス市場を分析したリポートによると、AWSは圧倒的な優位を維持しており、他社を引き離している。

Computer Weekly日本語版 6月17日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 6月17日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 一方、SRGのリポートは、クラウドインフラサービス市場でAWSの主要競合企業となっている米Salesforce.com、米Microsoft、米IBM、米Googleの4社にもAWSを上回る領域があると報告している。

 SRGの主席アナリスト兼リサーチディレクターのジョン・ディンスデール氏は、リポートの中で次のように指摘する。「クラウド事業は実にさまざまな方向への展開を見せているが、その全てを見渡しても、現在クラウド部門の年間売上が50億ドルを超えていることが確認されたのは、Amazon、IBM、Microsoft、米HP、米Cisco Systems、Salesforce.comの6社だ。この6社はそれぞれ、クラウド市場の中で抜きんでた実績を上げた分野を持っている」

 「ただし一定の指標だけで厳密に比較すると、クラウドインフラサービス分野では、AWSの業績は依然として他社を大きく引き離している。しかもクラウドインフラサービス分野は、SaaSやクラウドインフラのハードウェアおよびソフトウェアよりも急激に伸びている」

ニッチ市場を開拓するクラウドプロバイダー

 本誌Computer Weeklyは、このリポートについてディンスデール氏に直接インタビューする機会を得た。

続きはComputer Weekly日本語版 6月17日号にて

本記事は抄訳版です。全文は、以下でダウンロード(無料)できます。


Computer Weekly日本語版 最近のバックナンバー

Computer Weekly日本語版 6月3日号:Windows XPサポート終了後のPCに市場

Computer Weekly日本語版 5月20日号:Windowsから脱却するときが来た?

Computer Weekly日本語版 5月7日号:Nano Server投入に見るMSの思惑


ITmedia マーケティング新着記事

news055.jpg

外出自粛による「孤立感」は案外低く「所有意向」は上昇 新型コロナによる意識変化――日本テラデータ調査
新型コロナウイルスと関連した消費者の不安、不自由、孤立、情報について日本の消費者を...

news059.jpg

三井住友海上が代理店サポートにAI活用 B2B2Cモデルで顧客体験価値向上のためにできること
三井住友海上がAIとデータアナリティクスで実現した代理店サポートのためのシステムを構...

news019.jpg

スマートスピーカーが生み出す新たな顧客体験
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...