2015年06月18日 08時00分 公開
特集/連載

競合4社の合計をも上回るAWSの優位はいつまで続くのか?Salesforce.com、MS、IBM、Googleに勝ち目はあるか

米調査会社SRGの市場分析リポートによると、AWSの事業規模は競合するSalesforce.com、MS、IBM、Googleの合計を上回るという。AWSが現在の地位を築いた理由とは何か?

[Caroline Donnelly,Computer Weekly]
Computer Weekly

 米Amazonの「Amazon Web Services(AWS)」はクラウドインフラサービス市場をけん引しており、その事業規模は競合4社の合計をも上回る。

 米調査会社Synergy Research Group(SRG)が2015年第1四半期のクラウドインフラサービス市場を分析したリポートによると、AWSは圧倒的な優位を維持しており、他社を引き離している。

Computer Weekly日本語版 6月17日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 6月17日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 一方、SRGのリポートは、クラウドインフラサービス市場でAWSの主要競合企業となっている米Salesforce.com、米Microsoft、米IBM、米Googleの4社にもAWSを上回る領域があると報告している。

 SRGの主席アナリスト兼リサーチディレクターのジョン・ディンスデール氏は、リポートの中で次のように指摘する。「クラウド事業は実にさまざまな方向への展開を見せているが、その全てを見渡しても、現在クラウド部門の年間売上が50億ドルを超えていることが確認されたのは、Amazon、IBM、Microsoft、米HP、米Cisco Systems、Salesforce.comの6社だ。この6社はそれぞれ、クラウド市場の中で抜きんでた実績を上げた分野を持っている」

 「ただし一定の指標だけで厳密に比較すると、クラウドインフラサービス分野では、AWSの業績は依然として他社を大きく引き離している。しかもクラウドインフラサービス分野は、SaaSやクラウドインフラのハードウェアおよびソフトウェアよりも急激に伸びている」

ニッチ市場を開拓するクラウドプロバイダー

 本誌Computer Weeklyは、このリポートについてディンスデール氏に直接インタビューする機会を得た。

続きはComputer Weekly日本語版 6月17日号にて

本記事は抄訳版です。全文は、以下でダウンロード(無料)できます。


Computer Weekly日本語版 最近のバックナンバー

Computer Weekly日本語版 6月3日号:Windows XPサポート終了後のPCに市場

Computer Weekly日本語版 5月20日号:Windowsから脱却するときが来た?

Computer Weekly日本語版 5月7日号:Nano Server投入に見るMSの思惑


ITmedia マーケティング新着記事

news046.jpg

Ziplocの「下味冷凍」プロジェクトに学ぶ“ピンチをチャンスに変える”マーケティング
コロナ禍で大きく変わった生活者の動向とメディアニーズ。変化に対して俊敏に対応した成...

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。