2015年06月23日 12時00分 公開
特集/連載

情報漏えい対策の決定打「DLP」が役立つ企業、不要な企業の境界線DLP製品の投資対効果を徹底チェック(1/2 ページ)

機密情報の流出で業務の継続に深刻な影響が出る企業では、「Data Loss Prevention(DLP)」製品はどのように役立つのか。DLP製品が不要な企業とは。徹底解説する。

[Bill Hayes,TechTarget]
画像 画像 Digital Guardianが紹介する事例からは、従業員の転職に伴う情報流出被害の大きさが分かる(出典: Digital Guardian)《クリックで拡大》

 Data Loss Prevention(DLP)製品は、機密情報を効率的に監視して制御したい企業にとってありがたいツールだ。機密情報には、財務データ、顧客と従業員の個人情報、診療記録、知的財産などがある。さらに、長い間使用する機密データを抱えている企業にもDLP製品は役に立つだろう。

 内部犯行者(インサイダー)の脅威を警戒する企業にも、DLP製品は効果的だ。インサイダーの脅威は、クレジットカード番号の盗難から、退職する従業員が新しい仕事で利用するために企業が苦労して入手したデータを盗むことにまで及ぶ。例えば、DLPベンダーの米Digital Guardianが紹介する事例では、何千件もの技術資料を持ち出して転職した上級研究者が、その内150件の資料を転職後すぐに使用していたという。資料を持ち出された企業の損失は数百万ドルにも上ると推測される。

DLP製品の使いどころ

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news081.jpg

デジタルネイティブ世代の過半数は「消費にも自己表現」を意識――電通デジタル調査
コロナ禍でデジタルネイティブの消費行動や価値観が変化しているようです。

news044.jpg

企業SNSが炎上する理由 SDGs観点で考えてみると?
業務でSNSアカウント運用を担当している人に向け、SDGsの観点から、役立つノウハウをお伝...

news121.jpg

Z世代の情報源はSNSが断トツ、ただし信用度ではテレビ番組/CMに軍配――ネオマーケティング調査
1996〜2015年生まれの「Z世代」は何を情報源としているのでしょうか。