2015年08月08日 09時00分 公開
特集/連載

Windowsタブレットユーザーが「Windows 10」を導入すべきは、今すぐ? それとも半年後?「壊れていないものを直すな」は正しいか(1/2 ページ)

米Microsoftを代表する製品であるWindowsの待望の最新版「Windows 10」がリリースされた。これで今すぐにでも、手持ちのWindows 8.1搭載タブレットをWindows 10にアップグレードできる。だがそれは得策なのだろうか。

[Ed Hardy,TechTarget]

関連キーワード

Windows 10 | Windows 8/8.1 | Windows 7


photo Windows 10のWebブラウザ「Microsoft Edge」《クリックで拡大》

 米Microsoftは「Windows 8/8.1」または「Windows 7」を搭載するコンピュータには、「Windows 10」のリリース後1年間に限り、アップグレードを無償で提供する方針だ。そこで、Microsoftの他、米Dellや中国Lenovoなどが提供するWindowsタブレットを使用する何百万人ものユーザーは目下、「今すぐアップグレードすべきか」を自問している。

 この問いに対する答えは、タブレットの使用目的によって異なる。つまり、Windowsタブレットを主にインターネットに使用しているカジュアルユーザーか、生産性ツールとして毎日利用しているハードコアユーザーかによってだ。

カジュアルユーザーの場合

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news118.jpg

コロナ禍で変わる広報活動、最も伸びた利用ツールは「Zoom」――本田事務所とベクトルが調査
8割の広報人材が新型コロナで「広報活動に影響が出た」と回答。「広報は変わる」と考える...

news058.jpg

「バンダイチャンネル」が実践する解約防止術
サブスクリプションビジネス成功の第一歩はユーザーの解約防止にあり。その実践事例を「...

news026.jpg

成長戦略としての「D2C」
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...