Windowsタブレットユーザーが「Windows 10」を導入すべきは、今すぐ? それとも半年後?「壊れていないものを直すな」は正しいか(1/2 ページ)

米Microsoftを代表する製品であるWindowsの待望の最新版「Windows 10」がリリースされた。これで今すぐにでも、手持ちのWindows 8.1搭載タブレットをWindows 10にアップグレードできる。だがそれは得策なのだろうか。

2015年08月08日 09時00分 公開
[Ed HardyTechTarget]

関連キーワード

Windows 10 | Windows 8/8.1 | Windows 7


photo Windows 10のWebブラウザ「Microsoft Edge」《クリックで拡大》

 米Microsoftは「Windows 8/8.1」または「Windows 7」を搭載するコンピュータには、「Windows 10」のリリース後1年間に限り、アップグレードを無償で提供する方針だ。そこで、Microsoftの他、米Dellや中国Lenovoなどが提供するWindowsタブレットを使用する何百万人ものユーザーは目下、「今すぐアップグレードすべきか」を自問している。

 この問いに対する答えは、タブレットの使用目的によって異なる。つまり、Windowsタブレットを主にインターネットに使用しているカジュアルユーザーか、生産性ツールとして毎日利用しているハードコアユーザーかによってだ。

カジュアルユーザーの場合

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。

news061.jpg

J-WAVEが「ポッドキャスト×NFT」の音声ファンマーケティングサービスを開始
J-WAVEは、ポッドキャストとNFTを組み合わせた音声ファンマーケティングサービスを開始し...

news106.jpg

ナイキが新CMOの下で超大胆なブランドマーケティングを計画
2024年夏のパリ五輪は、ここ数年のNikeにとって最もインパクトのあるマーケティングショ...