2015年11月11日 08時00分 UPDATE
特集/連載

10億台のサポート業務も楽になるか「Windows 10」が動くPC、Surface、スマホで同じアプリを使う――UWP活用の仕方

あらゆるWindows 10の共通プラットフォーム上で動く「ユニバーサルアプリ」の普及は、IT管理者に恩恵をもたらす。開発者、管理者の観点から、ユニバーサルWindowsプラットフォームの可能性を探ってみよう。

[Robert Sheldon,TechTarget]
ユニバーサルWindowsプラットフォーム ユニバーサルWindowsプラットフォームはどんな未来をもたらすだろうか?《クリックで拡大》

 米Microsoftの「ユニバーサルWindowsプラットフォーム」(UWP)を使用すると、開発者は、Windows 10デスクトップ上で稼働する基幹業務アプリケーションを構築することも、それを従業員のさまざまなデバイスに適応させることも簡単になる。また、IT管理者にとっては、アプリケーションの管理の手間の軽減につながる。

 Windows 10の発表時、Microsoftは同時にUWPも紹介した。UWPはWindows 10搭載のさまざまなデバイスで稼働するアプリケーションの、開発および実装のための統合的なエコシステムである。

ITmedia マーケティング新着記事

news103.jpg

「InstagramよりTwitter」「脱毛に関心」他、男子大学生の実態――SHIBUYA109エンタテイメント調べ
同じ大学生でも意識や行動において男女の差は意外と大きなものがあるようです。

news113.jpg

恵方巻の予約購入派は35%、企業側は70%以上が予約販売を実施――ONE COMPATH調べ
恵方巻とフードシェアリングサービスに関する意識調査です。

news087.jpg

「Oracle Data Cloud」とTrue Dataの連携は日本のプログラマティック広告をどう変えるか
「Oracle Data Cloud」とTrue Dataの購買データが連携し、プログラマティック広告配信に...