2015年11月11日 08時00分 UPDATE
特集/連載

10億台のサポート業務も楽になるか「Windows 10」が動くPC、Surface、スマホで同じアプリを使う――UWP活用の仕方

あらゆるWindows 10の共通プラットフォーム上で動く「ユニバーサルアプリ」の普及は、IT管理者に恩恵をもたらす。開発者、管理者の観点から、ユニバーサルWindowsプラットフォームの可能性を探ってみよう。

[Robert Sheldon,TechTarget]
ユニバーサルWindowsプラットフォーム ユニバーサルWindowsプラットフォームはどんな未来をもたらすだろうか?《クリックで拡大》

 米Microsoftの「ユニバーサルWindowsプラットフォーム」(UWP)を使用すると、開発者は、Windows 10デスクトップ上で稼働する基幹業務アプリケーションを構築することも、それを従業員のさまざまなデバイスに適応させることも簡単になる。また、IT管理者にとっては、アプリケーションの管理の手間の軽減につながる。

 Windows 10の発表時、Microsoftは同時にUWPも紹介した。UWPはWindows 10搭載のさまざまなデバイスで稼働するアプリケーションの、開発および実装のための統合的なエコシステムである。

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...