2015年08月23日 09時00分 公開
特集/連載

徹底レビュー:Windows 10対応予定スマホ「Microsoft Lumia 735」へのテンションが高まらない理由「シンプルで安価」以上の価値を探る(1/2 ページ)

米Microsoftの「Microsoft Lumia」の多くはWindows 10へのアップグレードが将来的に可能になる。その1台である「Lumia 735」は高画質カメラやバッテリー持続時間の長さが特徴。だが、実際の評価結果は「微妙」。その理由とは?

[Grant Hatchimonji,TechTarget]
Microsoft Lumia 735《クリックで拡大》

 米Microsoftの「Microsoft Lumia」(旧Nokia Lumia)スマートフォンのエントリーモデルとミッドレンジモデルは、約700万台出荷されている。各モデルのパフォーマンスと外観の差はごくわずかなので、「Microsoft Lumia 735」(日本未発売)が多くの点で非常に見慣れたデバイスであるのは、それほど驚くことではない。だが、だからといって検討対象から完全に除外するのは得策ではないだろう。

 Lumia 735には、多くの姉妹モデルに対して差別化できる点がほとんどない。だがローエンドデバイスを求める消費者市場の競争に入り込むだけの性能を備えたまともな製品だ。だが、その性能は、メーカー希望小売価格300ドル(キャリア契約なし)に見合うものなのだろうか。本稿では、全容を確認して、その価値を解明したい。

構造とデザイン

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...