「Windows 10」のユニバーサルアプリ、PCとスマホ、Xboxで同じアプリが動くは本当か画面解像度という制約も

「Windows 10」の主な特徴の1つであるユニバーサルアプリ。あらゆる種類のWindows 10デバイスでアプリケーションを動作させることができるという。ただ、画面の解像度という問題が存在する。

2015年08月06日 08時00分 公開
[Brien PoseyTechTarget]
Windows 10のデスクトップ《クリックで拡大》

 米Microsoftの最新OS「Windows 10」は、PCやタブレット、スマートフォンをはじめ、ゲームコンソールやウェアラブル端末などのプラットフォームでも利用可能だ。ただ、全てのWindows 10デバイスを通じて互換性のあるアプリケーションはユニバーサルアプリだけである。

 ユニバーサルアプリの仕組みにより、アプリケーションはデバイスの種類に関係なく、いかなるWindows 10プラットフォームでも動作することができる。しかしながら、ユニバーサルアプリは、全てのプラットフォームで必ずしも同じように表示されるわけではない。

 ユニバーサルアプリのアプリケーションコードは、画面解像度に基づいてアプリケーションの表示領域を調整する。そのため、スマートフォンなどの解像度の低いデバイスと、より解像度の高いデバイスとでは、アプリケーションの表示方法が異なることがある。高解像度のデバイスでアプリケーションのウィンドウサイズを小さくすると、アプリケーションは表示方法を再調整し、低解像度のデバイスと同じインタフェースに切り替わる。

 Windows 10のインタフェースの大部分は、あらゆる種類のデバイスにおいて共通している。ユニバーサルアプリについてもデバイスの種類に関係なく(画面の解像度は除いて)共通である。

 ただ、Windows 10のデスクトップモードは、全てのデバイスで利用できるわけではない。デスクトップモードに対応するのは、PCと一部のタブレットのみである。「Windows Phone」と「Xbox One」、タブレットの一部機種は非対応となっている。これは、全てのWindows 10デバイスでデスクトップアプリケーションを操作させることは不可能だ、ということを意味する。

ITmedia マーケティング新着記事

news074.jpg

ニップンと刀が協業 マーケティングノウハウで成熟市場を拡大へ
ニップンと刀は「ニップン × 刀 協業発表会」を開催し、協業を通じた両社の取り組みとそ...

news197.png

広告運用自動化ツール「Shirofune」がMicrosoft広告の改善機能を実装
Shirofuneは広告運用自動化ツール「Shirofune」に改善カード機能を追加。これにより、キ...

news192.jpg

インテージ、「YouTube Select」「YouTube Shorts」における態度変容調査を提供開始
広告効果測定サービス「Brand Impact Scope」をバージョンアップし、サンプルサイズと計...