2015年08月06日 08時00分 公開
特集/連載

「Windows 10」のユニバーサルアプリ、PCとスマホ、Xboxで同じアプリが動くは本当か画面解像度という制約も

「Windows 10」の主な特徴の1つであるユニバーサルアプリ。あらゆる種類のWindows 10デバイスでアプリケーションを動作させることができるという。ただ、画面の解像度という問題が存在する。

[Brien Posey,TechTarget]
Windows 10のデスクトップ《クリックで拡大》

 米Microsoftの最新OS「Windows 10」は、PCやタブレット、スマートフォンをはじめ、ゲームコンソールやウェアラブル端末などのプラットフォームでも利用可能だ。ただ、全てのWindows 10デバイスを通じて互換性のあるアプリケーションはユニバーサルアプリだけである。

 ユニバーサルアプリの仕組みにより、アプリケーションはデバイスの種類に関係なく、いかなるWindows 10プラットフォームでも動作することができる。しかしながら、ユニバーサルアプリは、全てのプラットフォームで必ずしも同じように表示されるわけではない。

 ユニバーサルアプリのアプリケーションコードは、画面解像度に基づいてアプリケーションの表示領域を調整する。そのため、スマートフォンなどの解像度の低いデバイスと、より解像度の高いデバイスとでは、アプリケーションの表示方法が異なることがある。高解像度のデバイスでアプリケーションのウィンドウサイズを小さくすると、アプリケーションは表示方法を再調整し、低解像度のデバイスと同じインタフェースに切り替わる。

 Windows 10のインタフェースの大部分は、あらゆる種類のデバイスにおいて共通している。ユニバーサルアプリについてもデバイスの種類に関係なく(画面の解像度は除いて)共通である。

 ただ、Windows 10のデスクトップモードは、全てのデバイスで利用できるわけではない。デスクトップモードに対応するのは、PCと一部のタブレットのみである。「Windows Phone」と「Xbox One」、タブレットの一部機種は非対応となっている。これは、全てのWindows 10デバイスでデスクトップアプリケーションを操作させることは不可能だ、ということを意味する。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...