2015年08月05日 08時00分 UPDATE
特集/連載

新しいアップデート方式を採用「Windows 10」の次に“Windows 11”は出ない? 「最後のWindows」の意味とは

Windows 10で米Microsoftは従来とは違うOSのアップデート方法を採用した。今回その新しいOSのアップデート方式がビジネス現場でどのような影響があるのか紹介する。

[Brien Posey,TechTarget]
Windows 10のスタートメニュー《クリックで拡大》

 「Windows 10」は主要な「Windows OS」の最後のリリースとなる予定だが、それは米MicrosoftがWindows OSを放棄するという意味ではない。Microsoftは過去に選択したのとは異なるアプローチを取るにすぎない。

 Microsoftは数年ごとに新しいバージョンのWindows OSを送り出してきた。ユーザーはアップグレードするためにライセンス料を支払い、時には骨の折れる移行プロセスを取り組む必要があった。このアップグレード形式における難点の1つは、ユーザーがアップデート機能を入手するまで長い間待たなければならなかったことだ。

 Windows OSの新しいアプローチは、Windows 10に永続的なアップデートを加えていくことだ。このアップデートでMicrosoftは、Windows 10に恒常的に新機能を付加していく。Windows 10が実際にMicrosoftの最後のWindows OSになると考えるのは、恐らく現実性に欠ける。しかし、非常に長い期間にわたって「最後のWindows OS」であり続けるということはありそうだ。

永続的なアップデートの考え方

ChromebookのWebサイト《クリックで拡大》

 Microsoftのアプローチは全く前例のないものではない。米Googleは似たような方針を取っている。Googleは、クライアントPC「Chromebook」で常に最新バージョンのOS「Google Chrome OS」が稼働していることを確実にする自動アップデートプロセスを採用している。


 MicrosoftがWindows 10に採用するアップデート方式は、管理者の制御をもう少し必要とするものだ。セキュリティアップデートは、機能のアップデートとは異なる取り扱いをする。このため管理者は、比較的早急にセキュリティアップデートを適用することができる。特定の機能を十分にテストするまでアップデートを保留するという選択も可能だ。

 アップデートで追加される新しい機能が組織に必要ではない場合、その機能のアップデートをインストールしないようにすることも、恐らく可能だろう。

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...