2016年05月08日 07時00分 公開
特集/連載

とにかく壊れないWindows“タフ”タブレット「TOUGHPAD FZ-G1」、軍事レベルの性能は“買い”か?“割安”か“オーバースペック”か?(3/3 ページ)

[Barney Morisette,TechTarget]
前のページへ 1|2|3       

バッテリー駆動時間

バッテリー TOUGHPAD FZ-G1にはバッテリーのホットスワップ機能がある《クリックで拡大》

 TOUGHPAD FZ-G1には利用可能なバッテリーが2種類ある。1つは標準のバッテリーで、容量は4400mAhだ。最長駆動時間は13時間だという。駆動時間拡張バッテリーは容量が9300mAhで、公称駆動時間は倍の26時間だ。ディスプレイの明るさを最大にし、さまざまなアプリをインストールして起動、実行して実際に試したところ、公称最長駆動時間の半分である6.5時間の時点で、バッテリーの残量が5%となった。

前のページへ 1|2|3       

ITmedia マーケティング新着記事

news064.jpg

「ナラティブカンパニー」だけがなぜ生き残るのか
「物語的共創構造」を意味するナラティブ(narrative)は企業視点のストーリー(story)...

news130.jpg

学生・若手社会人の7割以上が「クリエイティビティ」を重視――アドビ調査
「就職活動・若手社会人に必要なクリエイティブスキルに関する調査」の結果です。

news065.jpg

これからの企業コミュニケーションを読み解くキーワード「ナラティブ」とは?
話題書『ナラティブカンパニー』の著者である本田哲也氏とソーシャルメディアマーケティ...