2016年05月08日 07時00分 公開
特集/連載

とにかく壊れないWindows“タフ”タブレット「TOUGHPAD FZ-G1」、軍事レベルの性能は“買い”か?“割安”か“オーバースペック”か?(3/3 ページ)

[Barney Morisette,TechTarget]
前のページへ 1|2|3       

バッテリー駆動時間

バッテリー TOUGHPAD FZ-G1にはバッテリーのホットスワップ機能がある《クリックで拡大》

 TOUGHPAD FZ-G1には利用可能なバッテリーが2種類ある。1つは標準のバッテリーで、容量は4400mAhだ。最長駆動時間は13時間だという。駆動時間拡張バッテリーは容量が9300mAhで、公称駆動時間は倍の26時間だ。ディスプレイの明るさを最大にし、さまざまなアプリをインストールして起動、実行して実際に試したところ、公称最長駆動時間の半分である6.5時間の時点で、バッテリーの残量が5%となった。

前のページへ 1|2|3       

ITmedia マーケティング新着記事

news175.jpg

ネトフリ「広告付きプラン」は誰得? 業界関係者の反応は……
広告モデルへの一部移行がうわさされるNetflix。新たなプランが増えることで視聴者と広告...

news034.jpg

変革ビジョンはなぜ形骸化してしまうのか?――調査が明かした経営層と現場の社員のギャップ
掛け声ばかり勇ましくて実際の取組みは遅々として進まない――。DXに関して同じ悩みを抱...

news037.jpg

「マーケティングDX人材」を定義する
2022年、日本企業はDXのあるべき姿を実現するために、自社のマーケティングを大きく進化...