2016年09月16日 08時00分 公開
特集/連載

Computer Weekly製品ガイドグラフデータベースによるパナマ文書の解析

ソーシャルネットワーキングからオフショア金融詐欺防止まで、グラフデータベースの成長がデータベース市場の新たな方向性を指し示す可能性を探る。

[Jim Mortleman,Computer Weekly]

 パナマの法律事務所Mossack Fonsecaから2.6TBのデータが流出した事件では、世界の資産家や権力者が税逃れの目的で自分たちの富をオフショア企業に移転している実態が暴露され、有力政治家が辞任に追い込まれて摘発を求める声も強まった。だが、今になって復活してきた非常に古い技術、すなわちグラフデータベースの助けがなかったら、これほどの詳細は判明せず、発覚までにはもっと時間がかかっていたはずだ。

Computer Weekly製品導入ガイド無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly製品導入ガイド」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。


 グラフデータベースは40年以上前の、リレーショナルデータベース(RDB)モデル以前にさかのぼる。データを平たんな行と列に保存して操作する代わりに、グラフデータベースは自由形式のメモ取りに使われる「マインドマップ」の走り書きのような構造を持ち、情報のまとまりを、互いの関連性や関係性を示すラベル付きの線の交差で結び付ける。

 グラフデータベースでは、情報をノード(企業や個人といった項目)、プロパティ(ノードについての、あるいは関連した情報)、エッジ(ノード同士やプロパティを結ぶ線、重要な情報の大半はここにある)の形式で保存する。一般的に、データが厳密に構造化されていることは求められず、RDBよりも高速で拡張しやすい場合もある。

 グラフモデルは特に、アイテムの関係が最も重要な要因となるアプリケーションに適している。

 「つまり、ソーシャルネットワーキングやマッピング、ルート計画、ロジスティクス、資産管理、顧客忠誠度プログラム、不正検出、レコメンデーションエンジン、マスターデータ管理システムのようなアプリケーションに非常に適している」。451 Researchのデータプラットフォーム・分析担当調査ディレクター、マット・アスレット氏はそう話す。

 さらにはパナマ文書のような、膨大な法律および資産関連データの中の、隠された関連性を暴く作業にも最適だ。

関係性のマッピング

ITmedia マーケティング新着記事

news037.jpg

2019年の消費増税前後で日本人の消費はどう動いたか――Criteo幹部が解説
若い世代を中心に増税前の消費は上昇したものの買われたのは低価格な日用品が中心。ECよ...

news063.jpg

過度なオンラインショッピングは「依存症」、感情に基づく広告etc. Gartnerの戦略的展望
Gartnerが発表した重要な戦略的展望トップ10からマーケティングやCX(顧客体験)に関わる...