2017年04月21日 12時00分 公開
特集/連載

拡大続くNAS市場、新システム導入の“3大用途”とは?スケールアウト型に注目

構造化されていないデータがストレージの成長を支え続ける中で、企業は現在と今後の需要に対応するため、スケールアウトNASに目を向けている。

[James Alan Miller,TechTarget]

関連キーワード

NAS | ストレージ


エンタープライズNASの総合ランキング(関連記事「8社のNASベンダーを比較して分かる、ユーザーの“激辛な本音”」から)《クリックで拡大》

 注目はクラウドストレージかもしれないが、現代のデータセンターではハイブリッドで導入するスタンドアロン型の古き良きNASアレイも存在感を維持している。例えば調査会社Beige Market Intelligenceの予想では、世界のNAS市場は年率約24%のペースで成長し、2021年までに440億ドル規模に達する見通しだ。市場があるとすれば、全盛とは言わないまでも、健全な状態にある。

 組織が新しいNASアレイを導入する要因は幾つもある。TechTargetの調査によると、回答者の半数以上はNASのアップグレードで既存のアプリケーションのパフォーマンス向上を目指すと答え、続いて約40%は古くなったハードウェアの入れ替えを主な理由に挙げた。他の重要な要因には、仮想サーバや特定のアプリケーションを支える新しいストレージシステムの追加、バックアップ対象の追加、ストレージ階層化、高度なストレージ管理機能の利用、支社のための大型ストレージ導入などがある。

 当然ながら、NASベンダーを評価するに当たって検討する筆頭要因は価格(80%)で、次いで機能と性能(60%)、メンテナンスとサポート契約(40%)の順だった。さらに、ベンダーの市場シェアや、現代のスケールアウトデータセンターで重要性が増しているプラグ&プレイ機能も上位に挙がっている。

ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。