2017年06月16日 08時00分 公開
特集/連載

Computer Weekly製品導入ガイド高速化に対応するストレージクラスメモリ

急上昇するデータ処理需要に対応するため、革新的なストレージクラスメモリ製品の開発競争が展開している。

[Richard Fichera,Computer Weekly]

 企業がインフラとアプリケーションを構築する上で、ストレージは顧客のエクスペリエンスに影響を及ぼす大きなボトルネックになりがちだ。

Computer Weekly製品導入ガイド無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly製品導入ガイド」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。


 従来のストレージ入出力(I/O)は、高速プロセッサやネットワークに追い付けない。フラッシュストレージの人気が上昇しているのは、HDDよりも一般的に3〜10倍速いからだ。従って、高い性能が求められるアプリケーションは今や、フラッシュストレージの利用が圧倒的だ。

 こうした衰えることのない需要増大に追い付くためには、新しい技術と新しいアーキテクチャが必要だ。

ストレージクラスメモリ、次の「軍拡競争」に

 速度へのニーズが急浮上する中で、ストレージシステムは高速化、高密度化、コスト低下を実現しながら、電力消費を抑える圧力にさらされている。インメモリ処理も、メモリに対する貪欲なほどの需要に押され、増え続けるメモリ構成への欲求と、DRAMにかかるコストや電力との間で、衝突を起こしている。

 そうした展開が組み合わさって、「ストレージクラスメモリ」(SCM)の普及に向けた潮流が形成されている。SCMは、さまざまな種類の次世代不揮発メモリ(NVM)を指す新しい業界用語になっている。

 次世代の持続メモリ技術を搭載した製品を提供する初期の動きは、年間何十億ポンドもの収益を上げるだろう。それは今から数年後に始まって、時がたつにつれて上昇する。

 その破壊的な影響力に大まかな順序を付けると、この技術には主に以下の3つの可能性がある。

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...