高速化に対応するストレージクラスメモリComputer Weekly製品導入ガイド

急上昇するデータ処理需要に対応するため、革新的なストレージクラスメモリ製品の開発競争が展開している。

2017年06月16日 08時00分 公開
[Richard FicheraComputer Weekly]

 企業がインフラとアプリケーションを構築する上で、ストレージは顧客のエクスペリエンスに影響を及ぼす大きなボトルネックになりがちだ。

Computer Weekly製品導入ガイド無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly製品導入ガイド」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。


 従来のストレージ入出力(I/O)は、高速プロセッサやネットワークに追い付けない。フラッシュストレージの人気が上昇しているのは、HDDよりも一般的に3〜10倍速いからだ。従って、高い性能が求められるアプリケーションは今や、フラッシュストレージの利用が圧倒的だ。

 こうした衰えることのない需要増大に追い付くためには、新しい技術と新しいアーキテクチャが必要だ。

ストレージクラスメモリ、次の「軍拡競争」に

 速度へのニーズが急浮上する中で、ストレージシステムは高速化、高密度化、コスト低下を実現しながら、電力消費を抑える圧力にさらされている。インメモリ処理も、メモリに対する貪欲なほどの需要に押され、増え続けるメモリ構成への欲求と、DRAMにかかるコストや電力との間で、衝突を起こしている。

 そうした展開が組み合わさって、「ストレージクラスメモリ」(SCM)の普及に向けた潮流が形成されている。SCMは、さまざまな種類の次世代不揮発メモリ(NVM)を指す新しい業界用語になっている。

 次世代の持続メモリ技術を搭載した製品を提供する初期の動きは、年間何十億ポンドもの収益を上げるだろう。それは今から数年後に始まって、時がたつにつれて上昇する。

 その破壊的な影響力に大まかな順序を付けると、この技術には主に以下の3つの可能性がある。

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

D2CとD2C Rが「docomo connecting path(コネパス)」計測タグを無料配布
D2CとD2C Rは、Cookieレス環境でもリターゲティング広告やオーディエンス分析が可能な新...

news074.jpg

ニップンと刀が協業 マーケティングノウハウで成熟市場を拡大へ
ニップンと刀は「ニップン × 刀 協業発表会」を開催し、協業を通じた両社の取り組みとそ...

news197.png

広告運用自動化ツール「Shirofune」がMicrosoft広告の改善機能を実装
Shirofuneは広告運用自動化ツール「Shirofune」に改善カード機能を追加。これにより、キ...