2017年09月04日 05時00分 公開
特集/連載

「オブジェクト対応NAS」で再確認したオブジェクトストレージの利点IT部門の選択肢は(2/3 ページ)

[Chris Evans,TechTarget]

オブジェクトストレージを理解する

 オブジェクトベースのストレージは、バイナリデータ(オブジェクト)を保存する手段としては比較的新しい技術だ。1990年代半ばにFilePoolという企業が「コンテンツにアドレスできるストレージ」というアイデアを発表したのが同技術のルーツだ。FilePoolを買収したのがEMC(現社名はDell EMC)で、FilePoolの技術は「EMC Centera」製品として登場した。その後、多数のベンダーが非構造型コンテンツを大量に保存する機能を提供するアイデアを携えて市場に参入した。

共通ファイルシステムに対する改善策

 物理ストレージアーキテクチャとしてのオブジェクトストアは、NAS製品が用いるファイルシステムに非構造型データを保存するのに伴う性能問題と整合性問題の多くを解消する。これはオブジェクトストアがファイルシステムという概念を採用せず、単一のフラットな名前空間あるいは階層にデータを保存するからだ。


 以下に示すように、オブジェクトレベルのストレージは幾つかの重要な点でNASと異なる。

ITmedia マーケティング新着記事

news052.jpg

メタバースが新たな戦場? コカ・コーラとペプシのライバル関係のこれからを占う
長年の間ライバル関係にある2つのブランドが、メタバースにおいて新たな局面を迎えている...

news090.jpg

FamilyMartVision × LIVE BOARDのクロスメディアパッケージ 首都圏で販売開始
店舗内と屋外のデジタルサイネージの連携で、来店率と購買率共に向上させることが期待で...

news073.jpg

「dポイント」を活用したデジタル販促ソリューション、D2Cが提供開始
約8900万人(2022年3月時点)が利用する「dポイント」を期間や用途を限定する形でインセ...