2018年02月21日 08時00分 公開
特集/連載

オブジェクトストレージ移行で得た、驚きのコスト削減新規ハードウェアの価格は問題ではない!?

大容量の画像ファイルを扱う企業が、NASからオブジェクトストレージに移行。その結果、コストを大きく削減することに成功した。

[Antony Adshead,Computer Weekly]
Computer Weekly

 宇宙データを扱う英国の企業Satellite Applications Catapultは、それまでのNASインフラをCloudianのオブジェクトストレージに置き換え、コストを大きく削減することに成功した。

Computer Weekly日本語版 2月7日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 2月7日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 オックスフォードシャーのジドコットを拠点とするSatellite Applications Catapultは、人工衛星のデータを毎年最大5P(ペタ)B収集している。収集したデータは、さまざまな分野の研究機関で使用される。このデータ量は、1年当たり10PBまで増加すると見込まれている。

 収集したデータは約50カ所の仮想データセンター経由でクライアントに提供される。これらのデータセンターはCisco Systemsの「Unified Computing System」(UCS)ベースのコンピューティングスタックで運用され、このコンピューティングスタックはVMwareの「Cloud Director」で管理される。

 同社は5年前の設立当初からさまざまなベンダーのNASを導入してきた。そして同社のデータセンター占有スペースは間もなく60Uに達しようとしている。

 「当社の最大の悩みはストレージだった。その容量は限界に近づいていた」と話すのは、インフラ部門のリーダーを務めるロブ・フレッチャー氏だ。

 「だが、限界が近づいているのはスケーラビリティではない。データセンターで利用可能なフットプリントと、電力供給量や冷却能力も限界だった。現状維持という選択肢もあったが、経済的ではないと感じていた」

 そこで同氏が率いるチームは、スケールアウトNASとオブジェクトストレージを評価した。

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

電通の広告・マーケティングノウハウをAIで再現 「CXAI」が目指すもの
電通グループ4社が、CXのためのAI構築サービスを開始した。電通のクリエイターの知見を学...

news066.jpg

Snowflakeデータマーケットプレイスが目指すもの クラウドDWHから他社データ活用、そして自社データ収益化へ
2020年9月に新規株式公開(IPO)を果たし、時価総額が一時約700億ドルとなって話題を呼ん...

news007.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年6月)
デジタル需要が拡大する中、自社サイトの運営でクリック率やコンバージョン率の向上に欠...