2018年03月12日 05時00分 公開
特集/連載

ビッグデータで輝くITスキルは、舞台がクラウドに移るとどう変わるのか?ポイントは「クラウドなら何ができるのか」(2/2 ページ)

[Alan R. Earls,TechTarget]
前のページへ 1|2       

クラウドベンダーの注目すべきサービス

 ITチームはビッグデータ構想をサポートするために、ベンダーのさまざまなクラウドサービスを幾つか組み合わせる準備も必要になる。こう話すのは、コンサルティング企業Cloud Technology Partners(Hewlett Packard Enterpriseが買収)で主席Azureアーキテクトを務めるムハンマド・ナビール氏だ。

 「さまざまなサービスを細部まで理解し、それらを連携させて実装する必要がある」(ナビール氏)

 ナビール氏によると、大手クラウドベンダー3社の注目すべき重要なビッグデータサービスがあるという。Google、Microsoft、Amazonについて紹介しよう。

Google(Google Cloud Platform)

  1. 分析データウェアハウス用のGoogle「BigQuery」
  2. バッチとストリーム処理用の「Cloud Dataflow」
  3. 管理対象のHadoopとSpark用のGoogle「Cloud Dataproc」
  4. データ探索用のGoogle「Cloud Datalab」
前のページへ 1|2       

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

「ペプシチャレンジ」で煽られて焦ったコカ・コーラの“痛恨のやらかし”とは?
長年の間「コーラ戦争」を続けてきたCoca-ColaとPepsi。マーケティング施策でも切磋琢磨...

news149.jpg

デジタル化する顧客体験に関する消費者と企業の認識ギャップ――ナイスジャパン調査
問い合わせの初動としてインターネットやFAQ検索をする人が約8割。デジタルチャネルによ...

news042.jpg

気象データは近未来のデータ 予測に基づき「役に立つ」広告を届ける
気象データを活用することでどのような広告コミュニケーションが可能になるのか。海外の...