2018年03月12日 05時00分 公開
特集/連載

ポイントは「クラウドなら何ができるのか」ビッグデータで輝くITスキルは、舞台がクラウドに移るとどう変わるのか? (1/2)

企業は、ビッグデータの処理基盤をクラウドに移している。この動きは、それまでのITスキルを覆すことはないが、管理者や開発チームには幾つか変化が求められるだろう。

[Alan R. Earls,TechTarget]
画像 分析に必要なのは環境だけではない

 新しいビジネスチャンスを見つけるため、もしくは気付いていない不備、不満を見つけるために企業はビッグデータの活用を推進し続けている。以前に比べクラウドの利用ハードルが下がった今、企業はビッグデータをクラウドに送り込もうとしている。だが、ビッグデータの分析チームにはその準備ができているだろうか。

 既に自社のデータセンター内でビッグデータへの取り組みを進めているとしても、クラウドでの成功が約束されるわけではない。多くの場合、新しいトレーニングとスキルセットが必須になる。

 一般にクラウドでビッグデータを扱う場合は、オンプレミスの導入に比べてコストを削減できると話すのは、IT調査会社のEnterprise Strategy Groupでシニアアナリストを務めるマイク・レオネ氏だ。クラウドでビッグデータのシステムやプロジェクトを運用する場合、基本的にビッグデータの専門家をスタッフとして抱える必要はない。例外は分散処理フレームワークの「Hadoop」が関わる場合だけである。

 「例えば、オンプレミスの5ノードHadoopクラスタをクラウドの5ノードHadoopクラスタに置き換えるのは実に簡単だ。だが、これを管理するのは難しい。特にソフトウェアの相互運用性に関連する課題が生じる」(レオネ氏)

クラウドコンピューティングでのビッグデータに求められる4つのスキル

 ITトレーニング企業のLinux Academyでビッグデータ分析部門のディレクターを務めるマニーシャ・スーレ氏によると、ITチームは4つの主要分野に注目すれば、クラウドでビッグデータを適切に扱うことができるという。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news055.jpg

IoTはマーケティングをどう変えるのか
マーケ×IoTのこれからをウフル坂本尚也氏が語った。

news038.jpg

PR業界の最新潮流、インフルエンサー活用が進む――日本パブリックリレーションズ協会調べ
日本パブリックリレーションズ協会の推計によると、2018年度におけるPR業の売上高は1290...