Prometheus、Elastic Stack、Apache Maven、マイクロサービスで高まる管理ツールの必要性開発現場の多様なプログラミング言語を調和

IT部門は、インフラ管理を標準化し、開発者が最新のプログラミング言語とアプリケーション設計を試せるように、ツールキットを補充しなければならない。

2018年06月07日 05時00分 公開
[Beth PariseauTechTarget]

 IT部門は、運用の標準化とアプリケーション導入の自動化について、効率と統制を損なうことなく、開発者の自主性をサポートする必要がある。多くのIT部門の解決策となるのがマイクロサービス管理ツールだ。

 アプリケーションがモノリシックな環境のときなら、IT部門はアプリ導入手法に管理/監視ツールを組み合わせて開発者をサポートできた。だが、最新のアプリアーキテクチャはますます複雑化し、企業ネットワークを極限まで使用している。そのためIT部門はツールキットを統合し、アプリと、そのアプリを作成する多数の方法に、統一的な視点を用意する必要がある。

 「全てのサービスは同じ方法で通信しなければならない。その結果、同じツールを使用して、ある程度の一貫性を確保できる。それができなければ、デバッグに種類が異なる多数のツールを利用することになり、瞬く間に作業が複雑になる」と話すのは、Bufferのスタッフエンジニア、ハリソン・ハルニッシュ氏だ。同社は、米国全土に従業員が分散するソーシャルメディア管理プラットフォーム企業だ。

マイクロサービスの導入を想定したアプリ導入の枠組み

 モノリシックなアプリケーションからマイクロサービスへの移行に成功した企業によると、アプリの設計をリファクタリングすることで、DevOpsパイプラインを使って導入効率を向上するチャンスがあるという。マイクロサービス管理ツールを使用すると、どのプログラミング言語を使っているとしても、そうした環境下で言語が異なる同じアプリイメージが複数存在することはなくなる。このようなマイクロサービス管理ツールには、「Apache Maven」やその他の新しいオープンソースユーティリティーがある。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...