2018年06月12日 05時00分 公開
特集/連載

マルチクラウド管理の複雑さを解消する2つの方法リソース抽象化とオーケストレーション抽象化(2/2 ページ)

[Tom Nolle,TechTarget]
前のページへ 1|2       

オーケストレーション抽象化

 このアプローチの目的は、リソースを同じように見せるのではなく、リソース管理を同じように見せることだ。ある意味、オーケストレーション抽象化はクラウドプロバイダー同士の違いを取り除くのではなく吸収する。このマルチクラウド管理モデルの目標は、アプリケーションライフサイクルの各タスクを標準的かつ一貫した方法で行えるツールを使用して、オーケストレーションと自動化の手順を作成することだ。この管理モデルには、使用するホスティングプロバイダーやクラウドプロバイダーの組み合わせは関係しない。リソース抽象化は、ある意味、アプリケーションライフサイクルのプロセスより「下位」で行われる。これに対して、オーケストレーション抽象化は、単純に汎用のプロセスを特定のクラウドやデータセンターインフラに適応させる。

前のページへ 1|2       

ITmedia マーケティング新着記事

news052.jpg

メタバースが新たな戦場? コカ・コーラとペプシのライバル関係のこれからを占う
長年の間ライバル関係にある2つのブランドが、メタバースにおいて新たな局面を迎えている...

news090.jpg

FamilyMartVision × LIVE BOARDのクロスメディアパッケージ 首都圏で販売開始
店舗内と屋外のデジタルサイネージの連携で、来店率と購買率共に向上させることが期待で...

news073.jpg

「dポイント」を活用したデジタル販促ソリューション、D2Cが提供開始
約8900万人(2022年3月時点)が利用する「dポイント」を期間や用途を限定する形でインセ...